2008年9月15日 (月)

リーマンブラザーズ破綻

かなり世間を騒がせてますね、リーマンブラザーズ破綻。

リーマン、破産法の適用申請(読売新聞)

金融庁、リーマン日本法人に業務停止命令(NIKKEI NET)

リーマンといえば、その昔ヒルズ族の代表格として世間でもてもてだった外資系投資銀行。
行員が女子アナと結婚したり。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_10/g2005100506.html
ライブドア事件の黒幕といわれたり。

小鳥ピヨピヨでいじられたり http://coolsummer.typepad.com/kotori/2005/02/post_21.html

てか、元大蔵省の偉い人で早稲田客員教授の榊原英資って、リーマンブラザーズの顧問やってたんですね。

そんな感じで、ちょっと前までは大金持ちエリートサラ「リーマンブラザーズ」のセレブイメージばりばりだったんですが、今や外資金融といえば、かなりヤバイ業界の代名詞のようになってしまいました。

やっぱ、金融商品の売り買いで利ざやをとっていく商売というのは基本虚業なので、いいときは濡れ手で粟ですが、悪いときは落ちるのもあっという間ということで。
諸行無常・・・

まあ、金融業界というのはそういうものなので、実際そこに働いている人は淡々と受け入れて次の就職先を探しているでしょうがね。

今度の金融業界の混乱は、世界的な不況に発展するんじゃないかということで、ほんとげんなりさせてくれます。

でも、自分なんかは今回のことで、学生の間で就職先として、地味に堅実に稼ぐ製造業が見直されるんじゃないかなーと期待しております。
やっぱ虚業より実業だよねーということで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)