2010年8月26日 (木)

ハーバード白熱教室IN JAPAN

今日は、ハーバード白熱教室INJAPANに参加してきました。

ハーバード白熱教室とは、ハーバード大学で最大の履修者をもつというマイケルサンデル教授の人気講義「JUSTICE」をNHKが番組として放映したものです。
http://www.nhk.or.jp/harvard/
これがかなり人気ということで、今回は日本にマイケルサンデル教授を呼び、東大の安田講堂で「白熱教室」を行うというNHKの企画でした。

安田講堂に入るのは二回目。割と広いんだな・・。

 参加者は1000人ほどでした。安田講堂満員です。今回は「講演」ではなく、「授業」として行うため、参加者もディベートに参戦しました。
 授業内容は、現代日本の問題を真正面から問うスリリングな展開になり、「日本人はシャイと聞いていたけど、みな積極的にディベートに参戦していてよかった。”ニュージェネレイション”だからか分からないけど、みなとてもよかった」と最後にサンデル教授がコメントするくらい、白熱した議論になりました。

サンデル教授の主な主張は、以下の通りです。

「正義」の考え方は大きく次の3つがある。
・功利主義的(最大多数の最大幸福)正義(ベンサム、JSミル)
・人間の権利と尊厳を尊重する正義(カント、ロックなど)
・人間の普遍の道徳や美徳を重視する正義(アリストテレスなど)
 社会的、政治的な難問は、この「正義」に関する異なる考え方が潜んでいることが多く、哲学的にこれらの側面を考えることは有用である。

ここからは講義概要です。

講義は、彼の本にも書いてある事例の、漂流船の中で生き残った4人の事件から始まりました。飢餓状態でいつ助かるか分からないという極限状態の中、一番弱って身寄りの無い少年を殺して他の3人が食べてしまうという事件が発生します。後に助けられて上陸したとき、3人は殺人罪で起訴されますが、これは許される行為かどうかという命題です。
教室は、大きく次の2つに割れました。
「1人は死ぬ見通しが強かったのだし、3人はそのおかげで救われたのだから、社会的に利益は大きい」(功利主義的立場)と、
「助かるためといっても、人を殺していいわけはない。道徳に反する」(道徳重視の立場)
さらに、被害者が食べられることを望んだかどうかに関して、
「被害者が望んでいれば殺してもよい」
と、
「人間は今まで関わった関係者に責任を負っているのだから、たとえ望んでも死んでいいわけではない」
という立場に分かれました。これはこれで、「自分の体は果たして自分がすべての権利を持っているといえるのか」というリバリタニズムに関する哲学的命題を持っています。
 さらに、イチローがオバマを超える法外な年収を得るのは道徳的に正しいといえるかどうか、高額所得者に税金をかけて低所得者に分配するのは正しいかというリバリタニアンの問題、高度教育へのアクセスの基準はどうあるべきか、という話題に移っていき、哲学的な論点を紹介していきます。
 前半はここで終了。 
 ここまでは、彼の今までの授業内容や、著書の内容のまとめのような感じでした。

 さて、後半。ここからが本番でコミュニティの話題です。
家族の中で殺人をするならずものが出た場合、彼を家族として擁護すべきかどうか。これは家族は擁護すべき、という意見が多かったようです。
 次に、では日本人は、日本人を特別扱いすべきか。例えば、日本人とそれ以外のどちらかしか助けられないとき、日本人を優先することは道徳的に正しいか。個人的には同胞を優先したくなる気持ちはありますが、サンデル教授は、コミュニタリアン(コミュニティを優先する立場)が行き過ぎると差別や偏見に繋がりやすいと指摘しました。確かに、差別や偏見の一歩は「あの人理解できない」「あの人私達と違う」だもんね・・。
 さらに、コミュニティの責任は世代を超えて受け継がれるべきか、という命題を
「日本は太平洋戦争でアジアに被害を出した責任を、次世代の我々が引き継いで謝罪や賠償の責任を(道議的に)負うべきか否か」という話題で取り上げました。韓国からの留学生も参加しています。
 当然、次のような軸でディベートは白熱しました。
 「前世代の責任を引き継ぐべきではない。我々は生まれる場所は選べないので、道義的な責任まで負う必要は無い。前世代の責任は前世代で処理すべき」V.S.
 「コミュニティの負う責任は、世代を超えて引き継がれるべきものである。特に太平洋戦争は生々しい記憶なのだから、許してもらえるまで謝罪と賠償をすべきである」

 結構意外だったのは、若い世代で、「日本は悪いのだから謝罪と賠償すべきだ」という論調が多かったことです。戦争中はどの国もひどいことをしているけど、特別日本が悪かったという話になるのは教育のせいかな?それに謝罪を続ければ許して忘れてくれるというのは甘くて、謝罪し続ければ忘れないし、被害者意識が強固になって決して許さないと思うんだけど。特に国と国では。
 なんてつい僕も思ったほどなので、議論がかなり感情に振れそうになりましたが、サンデル教授はそこを切って、本質論に戻してくれました。ここはさすがのファシリテーション能力でした。
 さらに議論は「オバマは原爆投下について日本に謝罪すべきか」という方向に発展します。広島出身の学生が「コミュニティの責任は世代を超えるから、謝罪すべきである」という立場で参加すると、サンデルは「オバマと日本のリーダーは双方が謝罪すべきだと思わないか」と投げかけます。すると、彼は「謝罪すべきである。ただし、歴史認識を整理してからが前提だ。現在は戦勝国の立場で歴史認識がなされており、かならずしも公正といえない。そこから始めるべきだ」と発言して拍手を浴びていました。

 サンデル教授は、答えの見えない難しい問題では、沢山の主張を議論で戦わせ、相互理解をすることが先に進むために重要である。哲学はそのための土台であり、哲学者のものではなく、市民のものである。
という内容で講義を締めくくりました。

 テキストのおさらいから始まり、徐々に現代の大きな問題に切り込んでいく授業の進め方は緊迫感がありました。
 授業で指されたのは学生の方が多く、僕は残念ながら手を上げていても指されませんでしたが、色々と考えさせられました。

マイケルサンデル教授の卓越したファシリテーション能力、解決の難しい社会問題をグローバルな視野で議論するとはどういうことかを学んだのは大きな収穫です。
 こんな貴重な機会をいただき、感謝です。

 もうひとつびっくりしたのは、学生のレベルの高さです。議論に耐える英語能力を持っている学生も多く、また日本語で途中まで議論していても、白熱すると英語に切り替える学生もいて、総じて英語力は高い印象でした。また、多くは自分の意見を理路整然と述べ、ディベート能力も高いように感じました。すげーな。最近のわかいもんわ・・・

そして、こんな授業が、ハーバードにはあるんですね。なんだかトオイメ・・・
 
 サンデル教授の講義は1時間伸びて4時間におよび、その後のグロービスの授業にダッシュで参加するはめになりました。そして、また3時間英語の講義・・。
 
 さすがに疲れました・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月 9日 (火)

【小鳥ナイト01】はじめての人向けヒューマンビートボックス講座(講師:daichi) に参加しました

いちるさん主催の「小鳥ナイト」に参加しました。

講師は、19歳のDaichiくん。一見普通のよい子なのですが、ヒューマンビートボックスをさせると驚くべきスキルをもっているという。

ヒューマンビートボックスは、真似すると単につばを飛ばしているだけになっちゃうので、一度習ってみたいと思い、参加しました。

Daichiくんのヒューマンビートボックスは、実際に聞くと全然人の口から出てるとは思えないクオリティです。

詳細は、いちるさんや他の方の記事に書いてありますが、とにかくいい子!50人近くいる参加者の一人ひとりに回って、熱心に教えてる姿がよかったー。

Image209

スクラッチとか、バスドラムとか、全然思った音は出なかったですけど、練習の筋道だけでも教えてもらえてよかったです。つばを飛ばしまくりですが・・。

Daichiくんは、カストロールのCMで猿人になってビートボックスをやってますが、

http://enjin.me/

daichiくんのヒューマンビートボックスレッスンもあります。今回の小鳥ナイトでレッスンした内容は大体網羅していますので、お勧め。 ENJIN × Daichi HOW TO BEATBOX LESSON1 ENJIN × Daichi HOW TO BEATBOX LESSON2 ENJIN × Daichi HOW TO BEATBOX LESSON3 当日の数々のトラブルにも負けずに小鳥ナイトを実現したいちるさんお疲れ様です!その後の打ち上げもとても面白かったです。 最後に、Daichiくんには、こんな小さなファンもついてます!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月27日 (水)

パーフェクト超人真由たん

何年か前、財務省のウェブサイトを見てたら美人の官僚が紹介されていたのを発見しました。
http://www.jinji.go.jp/saiyo/jyosei/1-g-zaimu.htm
山口 真由
財務省主税局参事官室
平成18年採用  I 種 法律

ま、真由たん財務省エリート官僚なのに、普通にかわいい~~~

と、その時は単純に萌えていたのですが、今日、彼女のプロフィールを見つけてしまいました。
東京大学総長賞 授賞式
http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/h12_08.html
-------------------------------------------
山口真由さん(法学部4年)
  山口氏は、平均点97.6点で教養学部前期課程の全コースで優を取得し、 法学部においても全コースにおいて優を取得して「卓越」として表彰される。また3年次に司法試験に合格、4年次に国家公務員試験にも合格。課外活動においては東京大学運動会男子ラクロス部のマネージャーとして1部リーグ優勝を果たした。また、スキーの才能を生かし、スキーパトロールのボランティア活動に参加している。
 現在、演習担当教員との共著として研究書を刊行するための努力を重ねており、同氏は卓越した知的能力と奉仕精神を兼ね備えたすばらしい人物であるとの評価を得ている。
-----------------------------------------------
何このパーフェクト超人ぶり!!
ちなみに法学部では2/3も優を取れば学年でトップになれ、助手→教授の道が開かれるといわれます。全優を取れる人間なんて、10年に一人いるかいないかだそうです(つーことは、東大の歴史で10人いるかいないか)。
それだけでなく、ラクロス部マネージャーにしてスキーヤー・・・、そしてこのルックス・・・。
こんな人、世の中にいるんですね。

真由たんは、最近財務省を辞めて弁護士になったようです。
http://www.noandt.com/lawyers/myy.php

も、萌え~~~!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

技術戦略マップ

  twitterで、経済産業省の人が、「住所氏名をメールしてくれれば、技術戦略マップを無料で送るよ」とつぶやいていたので、応募したら、早速届きました。

Image202

ページ数1404ページの大著です。

Image203

横から見ると電話帳なみ。これで人を殴れば凶器になるし、持ってスクワットすれば筋トレになるし、頭に敷けば、いい枕になりそうです。

中身は、トップはいきなり半導体分野

Image204 

日本の半導体産業の概要の説明の後に、色々な技術の10年分のロードマップが書いてあります。半導体については、ITRSのロードマップを下敷きに、日本企業や大学が力を入れている分野を加味したような内容になってました。まぁ、専門外の人が概要を知る分にはいいけど、その道の人から見ると大雑把で大した参考にはならないレベル。

でも、この電話帳には他にも情報通信、ナノテクノロジー・部材、システム・新製造、バイオテクノロジー、環境、エネルギー、ソフト、及び融合戦略領域の各分野の様々なテクノロジーの紹介とロードマップが乗っており、自分の専門外の分野でも割と面白く読めます。

Image205

これは航空宇宙。このように、カラフルなプレゼン資料です。

気が向いたときにぱらぱらめくって眺めてみたり、なんかのプレゼン資料を作るときにグラフをパクる分にはいいかもしれない。

そして、この電話帳の製作には各分野から専門家が委員として参加してて、なんとその数800名だそうで。

もちろんそれなりの税金を使っているわけです。

しかも、この電話帳は、webからダウンロードも出来ちゃったりするわけで、6kgもする冊子を郵送する必要はあるのかどうか・・

http://www.meti.go.jp/policy/economy/gijutsu_kakushin/kenkyu_kaihatu/str2009.html

Image206

この未来予想イラストも、妙に役人風味が漂っております。

この技術戦略マップに意義がない、とは言わないですが、なんというか、やっぱコスト感覚が民間とは違うようですね・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ユニゾンキャピタル

共同パートナーが強制捜査の翌日死去したとのことで、いろんなニオイがぷんぷんすると話題の日系投資ファンドのユニゾンキャピタルですが

ハゲタカどころでない(日経ビジネス)

ユニゾンキャピタル、インサイダーで捜査直後に関係幹部死去

メンバー紹介ページを見ると、あれれ?あれれ・・・・??

http://www.unisoncap.com/jp/team/management.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

名言

昨日、大学の先生とミーティングしたのですが、そこの学生で、世界一速いPSPエミュレータを作ったというプログラミングの天才がいるらしい(そのエミュレータを使ってた学生が、彼を見て「神がいる!」と叫んだそうだ)。

彼の書くコードは、改行もコメントも入れない可読性ゼロのもので、後で本人が見ても分からないそうだ。

バージョンアップするときは、一から作り直すらしい。

そんな面倒なことするなら、可読性をつけてコードを再利用できるようにすれば?と聞かれたとき、彼はこう言ったそうだ。



「プログラミングは一期一会です!」



ファイル管理もディレクトリ構造を綺麗に作らず、デスクトップに全部のファイルやフォルダをべたべた貼り付けて実に汚いそうだ。
彼に言わせれば、



「ファイルとの出会いも一期一会です!」



かっこよすぎてクソワロタww


しかし、肝心の本業のほうは学位取れるか微妙なところだそうで、頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

教育格差とか。

twitterではてなが流してた天才プログラマ中学生のインタビュー記事を見てびびる。
Rubyを最大63%高速化した中学生は超多忙!
http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/genius/05/01.html
"今年の夏休みに書いたレポートは 「任意の3次元ベクトル周囲での3次元回転行列の導出」。"

って、中学生ってレベルじゃねーだろ!

というかこの中学校の数学の授業、半端ない。

"金井氏が鞄から数学の授業で使っているというプリントの束を取り出し、見せてくれた。代数や暗号の問題が載っていた。出典を見ると、「京都大学の入試問題」と書かれたものもあった。"(塾ではない)

"金井氏:いま、RSA暗号を実際に解くためにフェルマーの小定理をやっています。先生は、「いま分からなくても高校でもう1回やるので気楽に楽しんでやって」とおっしゃっています。"(大学ではない)

( ´∀`)・・・・・・・

なんつーか、世の中の教育格差、開きすぎじゃない?この金井氏の受け答えも、もう極北を行き過ぎてて、全然中学生っぽくない。

まぁ、この写真の中二病なポーズが、ちょっとほのぼのとするけど(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

建築→電気と置き換えても同じなので泣ける

建築・現場の歩き方 いつのまにか建築学科の偏差値が工学部最低になってることについて

建築系といえば、少し前までは工学部の中では華のある(学生時代は・・・ね)学科と見られ、人気の高い学科だった。過去形で話すのが非常に残念なことだが、大学に残っている知人と会食したとき話題にでたのが、表題の「建築学科の偏差値が工学部最低になっている」って事。ためしに偏差値比較サイト(こんなもん受験生以外で見ることがあると思わなかったが。)で見てみると、確かに自分の受験時代とは違い、えらく人気が低下していると実感した。

自分の母校では未だ建築学科は人気があるという話を聞いたばかりだったので、意外でした。これ、建築の文字を電気電子と置き換えてもまったく事情は一緒です。

いや、お前10代で人生あきらめるには早すぎるだろって、言い切るほうが簡単なんだけど、これからこの業界に入ってくる予定だった優秀な頭脳たちが別の業界に行ってしまうのは、すでにこの業界にどっぷり漬かっている人間としてはあまりにも寂しい。
でも、自分だったら息子が建築やりたがったら、全力でとめる。少なくとも日本で技術者として生きるのは辞めろっていう。
高度成長期にこの業界に身をおいていた人たちのような、国の成長と共にその機関となるインフラを整備するという使命感、社会と一体となっているような高揚感は、今しばらくは得られないだろうと思ってる。社会のニーズと技術者としての達成感の向かう方向がずれてしまっているような気がするからだ。でも世の中にそういった場所がないわけじゃない。海外の設計事務所では、アトリエでありながら十分なフィーを貰い、人間的な暮らしをしている例だってある。

 半導体業界で、自分が思っていたことと同じようなことを建築業界の人が書いているので、結構泣けました。低成長時代というのは、夢がないですね~。

 インド、中国などの新興国でチャンスを見つけようというのも同意。これからは世界に自分の仕事を発信していくようなやり方をしないと、面白いことはできないのかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

意に反して高級豚カツ屋に入った。

道を歩いていたら、急に
「カツどんが食べたい!」
という欲求が突き上げてきたので、カツ丼を食べられそうなところを探してみました。
そしたら、「ヘルシー豚カツ」なる看板が・・・
Image140

むむ!ヘルシーなカツ丼ならなおいい!

ということで、入ってみました。

カジュアルな看板に反して、重厚なたたずまいの店内・・・
骨董品ちっくな茶碗が壁一面にずらり。
こ・・これは・・・

メニューは
ヒレカツ定食 2500円
ロースカツ定食 2300円

定食はこれのみ。カツ丼なし。
これは高級豚カツ屋フラグブタ
一人夕食には1000円かけない主義だったのに・・・

しかし、既にお茶と大根おろしポン酢が出されていたので、引くに引けず、ロースカツ定食を頼む。

おしんこがでる
Image138
ぽりぽり。かぶがうまい。

本番のロースカツは、ポン酢しょうゆでいただく
Image139
むむぅ(海原雄山風)
柔らかい豚肉を噛むと、ジュウシイな肉汁とともに、甘い脂が染み出して、絶妙なハーモニーが・・

2000円を超える豚カツは初めてでした。
確かにおいしぅございました。

しかし、やはり30代中盤になると、夕食に豚カツ食った後はてきめんに顔が脂ぎってくるっす・・・へるしぃなあぶらを使っているとはいえ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

会社が成長するということ

先日、学生時代の友人達と久しぶりに飲みました。

もう、社会で中堅としてやっている年頃なので、会社話はとても興味深かったです。

その中に、ベンチャーを立ち上げて、5人から700人規模まで育てたという友人がいますが、彼が言っていた

「5人から50人規模、100人を超えるところ、300人、500人を超えるところでそれぞれ会社の雰囲気ががらりと変わる」というのが興味深かったです。

最初は、社員一人ひとりが全体を見渡しつつ、自分の裁量で仕事を進めることが出来る(せざるを得ない)のが、だんだん組織が整って、ファンクションが明確になるにつれ、自分の職務範囲しか見ずに仕事をする、いわゆるサラリーマンが増えてくるということです。そして一人ひとりの顔が把握できなくなる規模に達すると、全体が見えにくくなるし興味も持たなくなる、はやい話が大企業病が始まってくるようです。これが会社の活気を奪い、会社の雰囲気の沈滞、更には成長の阻害要因になると。

今の環境で働いてみて、やはり大企業のリソースはすごいものがあったと実感しています。日本では優秀な学生の大半は大企業志向が強いし、社内の技術的知見の蓄積はなんだかんだ言ってもすごいものがありました。これは、その環境の中にいると良くわからないもので、よく「あそこは何も分かってない」だの「俺らこんなんで大丈夫なんだろうか」だのいろいろ愚痴も聞こえてきましたが、間違いなくエンジニアの多数は能力が高かったと感じます。それだけの技術的知見や人材をビジネスにうまく活かせていないところに大きな問題があるのでしょう。これは、ファンクション別に細分化された組織の弊害と無縁ではないと思います。ファンクションのニーズと会社が求められるニーズは必ずしも一致しないからです。

とはいえ、会社は成長を志向すべきだと思いますし、会社が大きくなれば、組織として整えざるを得ないと思います。活気を保ちつつ、どうやって成長していくのか、永遠の課題だなあと思います。

・・なんの解決にもなってないって?もし、答えが出せたら、経営コンサルとして本出しますよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧