« 上海までの一歩目 | トップページ | 上海でお仕事開始。 »

2012年5月 6日 (日)

上海で家探し

さて、上海に住むとなったら、まずは家を借りなくてはなりません。
家賃の相場観がない上、上海の家賃は年々上昇しているので、人の言うこともなかなか当てになりません。
上海暦10年のマネージャーからは、「最初、適当な不動産屋で、3000元(4万円ちょっと)くらいのぼろ物件借りてさ、3ヶ月くらいしたらまともなのに借り換えればいいじゃん」とか言われましたが、そもそも契約は一年単位で、契約途中でそんな簡単に借り換えはできないという。。
 これを上海暦5年の友達に話すと、「3000元なんて、超ローカルのぼろアパートで、初心者が住めるようなところじゃないですよ。すぐ設備壊れるし、交渉も自分でしなくちゃならないっすよ?悪いこと言わないから、8000元(11万円くらい)は出したほういいです。」と言われ、次に上海暦1年の駐在さんに聞くと、「今は日本から大量に人がきていて、家賃は暴騰しているのよね。1万元(14万円)くらいとか、そのくらいは普通よ?」と言われ、どのへんが相場なのかよくわからず。

とりあえず、地元の日系の不動産屋さんに物件を見せてもらうことにしました。
僕は日本人対応のある、日朋住宅 http://www.nippo.com.tw/ というところにお願いしました。
結構4000元から6000元でも、一人で住むには十分な広さの物件があります。
これで、4800元(7万円弱)。2LDK  90㎡
http://www.nippo-sh.com.tw/JhouseDetail.php?ID=026397
先人たちのアドバイスをもとに、8000元くらいの住宅も見たのですが、ゲスト用の寝室とシャワーが別にあったりして、一人暮らしには広い!液晶TVや防犯センサーがついていたりして、快適そうではありますが。
 そう、上海の場合、テレビ、洗濯機、冷蔵庫などの家電、ベッドや家具などは備え付けなのです。極端な話、入居したらその日から生活が出来るくらいの設備が入っています。もちろん、これは大家さんの所有物なので、壊したら自分持ちで修理しなくてはなりません。事前にまともに動くか確認が必須です。
 でもこれらは部屋の大きさには無関係なことなので、僕は手軽な広さの5800元(八万円弱)の物件に決めました。
20120505_1701
  
さらに、家主と交渉して、領収書発行なしで、5600元に割り引いてもらいました。まぁ、これは家賃が自腹だから出来ることですが。
 結構家主と交渉して出来ることも多いので、やってみるといいと思います。
 まぁ、後は家のトラブルはつきものと割り切って、エンジョイするんですかね。
 これからが本当の上海生活のスタートです!


|

« 上海までの一歩目 | トップページ | 上海でお仕事開始。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/45143415

この記事へのトラックバック一覧です: 上海で家探し:

« 上海までの一歩目 | トップページ | 上海でお仕事開始。 »