« -サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ サハラまでの道3 | トップページ | -サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ Stage1 »

2011年10月20日 (木)

-サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ Stage0

さて、サハラに行く日がやってまいりました。
この日は朝からブリーフィングと荷物チェックです。
ブリーフィングでは、各国の選手が車座になって、スタッフの話を聞きます。
周りの選手がみんな筋肉もりもりで、強そう。。
レースのディレクターのAllena、意外と若くてかわいい。。。
てか、スタッフは若い女性が多い。
なんと、この砂漠レースの主催団体、RunningThePlanetの創始者は、女性だそうで。
こんなドMマラソンを作った人が女性とは。。。驚き。
そして、参加者の中の有名選手、常連選手などの紹介がありました。
過去のサハラマラソン優勝選手、サハラ砂漠横断1000kmマラソンをやった人などいて、びっくり。
台湾は、チームで出ていて、メディアチームもつれてきていてかなりの気合の入りよう。
世界からここに集る選手も、個性的で面白そうな人たちばかりだなぁ。

そして、いよいよ荷物チェック。
ここをパスしないとサハラのスタート地点に立てない。
ここまで来て、スタート地点にも立たずに失格とかいって、笑えもしないし、泣けもしない。
サハラにくる直前に買った、CWXのおニューのタイツも履き、コスチュームも完全装備で会場に行きました。
こんな感じで荷物を床にばらしてチェックを受けます。
Contents
ちなみに、内容リストは下記のようなかんじ。
これから行く人の参考になれば。
http://bit.ly/qASIyC

これら全部合わせて総重量9.5kgで無事チェックパス!
ゼッケンをもらって気合入りました。
やったるで!ってな感じで。
S51dl

よっしゃ、昼飯昼飯っと、日本選手が集まっているロビーに行きました。
そしたら、しゃなが僕の姿を見るなり、

「なんでそんなタイツ履いているんですか!ヤバいですよ!」

は?何が(・ω・)?

「レインボーの柄って、ゲイっていう意味ですよ!ガチでヤバいっすよそれ!」

は?そんなの聞いたことないし。
またしゃながからかっていると思って、ほかの日本選手のところに行くと、

「いや、それ国際常識ですよほんま。変な話、そっちはいつでもオープンみたいな」
「山本さんは、自由業だと思ってたんですよ。いや、そういう人だと思ったから」
「てか、なんでワコールは男性向けにそんな柄を商品化したのか、意味わかんない」

・・・・・゜゜( Д )/ /
僕のテントメイト、8人全員男なんですけど。。。。
はにゃにゃにゃにゃ(((゜Д゜)))

あらかじめ、「僕はストレートです!」って宣言しておくか。。
いや、でも却って墓穴を掘ることになりそうだ。
墓穴を掘って、オケツを掘る。
いやいやその手の話を聞かれたら、丁寧に説明しよう。
うん、同じ砂漠ランナーだし、話せばわかるはずだ。

若干混乱しながら、お昼ご飯mgmg。
うーん、このチョコパイうまい。
砂漠でのおやつとして、余分に持っていこう。
と、
「あ、このチョコパイ、カビ生えてますよ!」
声を発した人のチョコパイを見ると、表面に確かにアオカビが。
なんで包装されているのにカビてるんだ?
と、ほかの包装されたチョコパイを開けてみるとこれもアオカビが。。。
僕がもっていこうとしたチョコパイも、開けてみたらアオカビが!
結局その場にあったチョコパイは百発百中アオカビの犠牲になっていました。
おいおい、食っちゃったよ。。。これは、砂漠では必ず食べる前に確認せよという教訓なのか。。?
恐るべしサハラマラソン。。
おなか痛くなったらどうしよう(結局平気でしたが。)

さて、いよいよバスでの出発の時刻。サハラのキャンプ地までは3時間半ほどかかります。
出発前に、日本選手団で記念にぱちり

Departure

バスに乗り込むと、テンションがあがります。

Bus_2
ちょっと修学旅行っぽい。

バスで揺られると、エジプトの街並みが見えます。
集合住宅のビルの上にむき出しの鉄骨が出ている建物が多いのですが、聞くと、あれは家族が増えたら建て増しをするためのものだといいます。
あえて未完成のまま住んでどんどん継ぎ足していくエジプト住宅。
新鮮なコンセプトだ。。
だんだん風景が荒涼としてきて、砂漠に入っていきます。
おお。こんなところを走るのか。。死んじゃうんじゃないか?まじで。
途中、トイレ休憩で止まって外に出ると、たちどころに強烈な太陽光が突き刺さり、灼熱という言葉がぴったり。

トイレ休憩の図。砂漠にみんな一直線に並んでタチションしていて、ちょっとおかしかった。
Stop

さらに1時間ほどいくと、完全に風景は砂漠。
そして、湖のほとりに設営されたテントについに到着!
バスの外に出ると、そこは美しい風景といい、風のにおいといい、太陽の光といい、別世界で別の星に来たような感覚になり、感動しました。

C

さっそく逆立ちで記念撮影
Sakadati

スイカmgmg
Suika

ぬるいコーラも用意されていました。
コーラもスイカも、今日が食べおさめ。あと一週間はこういう甘くてみずみずしいものは食べられません。

砂漠の美しい夕日。岩山に沈んでいく夕日を見ておお!と感動していました。
Day0yuuhi

日が落ちる頃に、各々持参した食べ物で夜飯。これは、背負って走らずに済むので、重量対カロリーを比較的気にしない「最後の晩餐」を楽しみます。まぁ、さすがに酒は持っていきませんでしたが。

日が落ちると、星空が広がります。
この砂漠の夜空が見たことのない美しさで、ひたすら感動!
月が湖面に反射して、詩のような情景になっており、空にははっきりと天の川!
これほどの大量の星をいままで見たことがなく、しばらく空に見入っていました。
同じく感動して外にでてきた喜納ちゃん(慶応応援団長)と、「これ見れただけで、もうサハラに来る費用の元はとれました!」などと話あっていました。

ずっと星を見ていたかったですが、明日は早朝に起きて走る準備をしなくてはなりません。
21:00には寝袋に入ったのでした。

|

« -サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ サハラまでの道3 | トップページ | -サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ Stage1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/42586676

この記事へのトラックバック一覧です: -サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ Stage0:

« -サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ サハラまでの道3 | トップページ | -サハラマラソン完走記~走歴なしからサハラ250kmマラソンまで~ Stage1 »