« 名言 | トップページ | ユニゾンキャピタル »

2009年11月13日 (金)

This is itと日本人

This is itを2回見てライブDVDとCDを買って、ただいま自分マイケルブームの最中のちぶぞうですこんばんわ。

This is itの中には、日本人が関わってるシーンは直接出てこないのですが、間接的に関わっている人は結構いたようです。

まず、バックコーラスのジュディス・ヒル。Can't stop lovin' youでMJとデュエットした彼女は、母親が日本人、父親がアフリカンアメリカンの日系アメリカ人だそうだ。

MJ追悼式・感動のラスト 謎のシンガーは日系アメリカ人ジュディス・ヒルさん!

この子、かっこよかったよねー。

Smooth criminalやThrillerなどは大掛かりなVFXが使われ、一部3Dになる予定だったそうだが、これの製作に日本人エンジニアが関わっていたようです。マイケルが亡くなったときの模様が生々しく語られてます・・
【ハリウッド報告】マイケル・ジャクソン ドキュメンタリー映画「THIS IS IT」のVFXを日本人クリエイターが担当!!
------------------------------------------
<<MJが亡くなった時、作業はまだ追い込み中だった>>

 締め切りまで、残りわずか1週間と迫り、最後のラスト・スパートに向け、みんな気持ちを引き締め直した時でした。ちょうど、お昼頃(1時頃)にMJが亡くなったというニュースが入ってきました。
----------------------------------------------------

This is itには、ダンサーのオーディションシーンが出てきますが、実は日本人ダンサーがトップ通過だったそうです。

マイケルのバックダンサー、ケント・モリさんをめぐるマドンナの熱い想い

やがてkentさんがマドンナと仕事をしている中で、マイケルはファイナルツアーのために世界の限られたダンサーだけに極秘にオーディションのお知らせを送った。そしてその知らせはこのkentさんにも届いたのだった。kentさんはマドンナとの仕事があり悩むがダメモトと割り切りオーディションを受けてみたところ、なんと1番で合格してしまったのだ。

この時点でkentさんはかねてからの夢だったマイケルとの仕事を決断。マドンナに契約の解除を申し出たのだが、マドンナは認めない。kentさんのエージェントが間に入ってもらちがあかない。しまいにはナントあのマイケルがマドンナに直接電話し、交渉した。同じ年の世界的なアーチストがこの日本人ダンサーを取り合ったのだ。しかしそれでもマドンナは首を縦に振らない。
--------------------------------------------------
というわけで、マドンナとの綱引きの結果、This is itの日本人バックダンサーは生まれなかったわけです。でも、マイケル追悼コンサートで、マイケルに扮して踊ったようです。

というわけで、割と日本人が関わっていたのでした。
また観に行こうかな~

最後に、95年のMTV AWARDのマイケルのパフォーマンスがやばいのでのっけます。

Michael jackson mtv 1995 performance part 1

2 / Michael Jackson @ MTV Award Performance

|

« 名言 | トップページ | ユニゾンキャピタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/32192473

この記事へのトラックバック一覧です: This is itと日本人:

» マイケル・ジャクソン  THIS IS IT [映画君の毎日]
<<ストーリー>>2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直... [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 01時58分

« 名言 | トップページ | ユニゾンキャピタル »