« MOT/MBAメモ | トップページ | 【技術参考書】:図解でわかる はじめてのデジタル画像処理 »

2009年9月29日 (火)

東芝,半導体の研究開発(R&D)体制を再編

東芝、半導体の研究開発見直し 重複解消し合理化急ぐ(日経)

見直しの対象となるのは、半導体事業部門が持つ研究所のアドバンストマイクロエレクトロニクスセンター(横浜市)。うち製造技術を担当する「プロセス技術推進センター」、要素技術の「半導体研究開発センター」の2組織に現在1200人の研究者が所属するが、プロセス技術推進センターは廃止。研究開発センターも縮小し、主に先端技術研究を担当する500人を東芝本社の研究開発センター(川崎市)に、プロセス担当の研究者200人を工場に異動させる。

半導体の研究所に1200人もいるとは、さすが東芝ですね。そのうちのプロセス技術推進センターが廃止というのは、時代の流れなんでしょうね・・。IBM連合にプロセス開発は任せるという意味で。

 国内の半導体メーカーは、プロセス技術でTSMC委託かIBM連合に参加しているところが大半なので、プロセス技術の再編はどの会社も不可避なのかもしれませんね。

 東芝の工場は、姫路や四日市など西日本中心なので、家を買っちゃった人などは大変ですね・・。

|

« MOT/MBAメモ | トップページ | 【技術参考書】:図解でわかる はじめてのデジタル画像処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/31567421

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝,半導体の研究開発(R&D)体制を再編:

« MOT/MBAメモ | トップページ | 【技術参考書】:図解でわかる はじめてのデジタル画像処理 »