« VLSI symposium 2009 | トップページ | 岩瀬大輔氏「金融資本主義を超えて »

2009年7月 2日 (木)

2008年の年収世界一

世界的に株価が暴落した去年、さぞファンドマネージャーやってる人は冷や飯食っているだろうと思いきや・・・・

「世界一は年収2500億円!ヘッジファンドマネージャーランキング2008」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0421&f=business_0421_052.shtml
--------------------------------------------------------
  ルネサンス・テクノロジーズを率いる1位のジェームズ・シモンズ氏の08年の報酬は2500億円だった。すでに71歳になるが、現役として活躍。
--------------------------------------------------------
ねねね年収2500億????
一人が得た報酬ですよ???

僕ちゃんなら、真面目に働いても3万年はかかります。
MJの遺産980億も目じゃありません。

ほほほほー・・・・・
ほー

世の中広すぎますねー。

シモンズ氏は数学の専門家で、MITとハーバードで数学の教授をやっていたそうな。
数学がこんなにお金になるって知ってたら・・・
あー、大学生やりなおしたい。

|

« VLSI symposium 2009 | トップページ | 岩瀬大輔氏「金融資本主義を超えて »

コメント

ここまで来るともはや住む世界が違いますね。
数学者というのも驚きです。

数学だけなく物理学や統計学の専門家を
抱えているところを見ると、
数学の知識そのものよりもずば抜けた科学的思考力が
ものをいうのかなと感じます。

ただ、日本で数学やってて大金持ちになった人って、
あんまり聞かないですよね。。。
自分は理学部で物性物理やってましたが、
数学や物理やっててこういう世界に就職する人って、
かなり少数派でした。
もともと興味がないって人が多いのかも・・・。

投稿: majestic | 2009年7月 8日 (水) 18時40分

>majesticさん
>もともと興味がないって人が多いのかも・・・。
そう思います。
 理学、工学系の人は、あまりお金儲けとかビジネスにこだわりがない人が多いですね。
 アメリカはお金を稼ぐということに日本より執着する気がします。
 日本では金融は主に文系学生の就職口ですが、米系投資銀行は、理工系学生を歓迎します。
 西海岸ならシリコンバレー、東海岸なら金融にコンサルと、アメリカでは理数能力に優れることがいかに有利か、見せ付けられる気がしますね。

投稿: ちぶぞう | 2009年7月14日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/30378263

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年の年収世界一:

» 暴落 [暴落]
暴落という言葉は、よく使いますが、暴落を定義したものはありません。このブログは、あまり研究されていない暴落について調べた貴重なものです。 [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 17時39分

« VLSI symposium 2009 | トップページ | 岩瀬大輔氏「金融資本主義を超えて »