« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月29日 (金)

なぜ日本にシリコンバレーが出来ないか

最近お気に入りのNZに移住したい人のブログ
http://remote.seesaa.net/
の著者は、
・元大手電機メーカー
・元半導体プロセス技術者(現SE)
ということで「あれ?これうちの会社?」というほど会社の描写も似ていて、大変興味深く読んでいます。日本の電機メーカーの体質にほとほと嫌気が差してニュージーランドに移住を試みて2年ほど奮闘し、結局NZではなくカナダの会社に転職してカナダに移住して楽しくやっているようです。

このブログ読んでて思ったことがあります。日本にシリコンバレーが出来ない理由についてです。昔から「日本経済の復興には、ベンチャーによるイノベーションがかかせない!」という話は、何回も聞きますね。「大学発ベンチャー一万社構想」とか、「日本版シリコンバレー構想」とか、政府とか官庁のキャッチコピーもよく聞きます。でも、一向に日本に次々テクノロジーベンチャーが出来て成功するという話は出てきませんね。むしろ「ベンチャーなんかより大企業」、「チャレンジより安定」という傾向が強くなっている気がします。
 これって、政府や官庁の施策のまずさっていうより根本原因は「日本人は失業することがすごく怖い」ってことにあると思います。もちろんアメリカ人とかカナダ人が失業へっちゃらってことではなく、彼らも職がなくては食べていけないので必死なのですが、日本の場合、それに加えて「集団から外れる怖さ」、「社会な承認を失う怖さ」が文化的、社会制度的に他国に比べて強いのだと思います。日本は人を評価するとき、その人が何者かより所属集団で評価することが多いですよね。しかも、所属集団の実態より、名前や規模のみで評価されることが多いですね。
例えば、娘が親に彼氏を紹介するとき、
「彼は、日立に勤めてるの」という場合、
「彼は、アクセルっていうベンチャー勤めているの」という場合
「彼は、フリーのプログラマなの」という場合だったら、
親の彼に対する評価は日立>アクセル>>>フリーでしょう。
彼がどういう人かって言うのは、所属組織の次なわけで。所属組織にしても、日立は9000億の赤字を出していたり、アクセルという会社は利益率50%で平均年収1000万円以上の超優良ベンチャーという実態はどうでもよくて、名前が通ってて規模がでかいということが重要だったりします。
 つまり、日本では、大きくて名の通った組織に所属することがもっとも承認されやすく、生きていくのが楽なわけです。日立を辞めるということは、日立グループ30万人の集団からはずれ、日立というバックを失うことです。これは、日本人にとっては、すごく怖い。
 裏を返すと日本人は集団から外れた人にはとても冷たく、失業者への社会保障という話になると、必ず「なんで無職の人間に、俺達が払った税金を使って保護してやらなくちゃならんのよ」という論調が出てきます。働き盛りで無職は、日本では人ではないのですね。これでは気軽に会社を辞めることなんて出来るわけはない。
 日本で会社を興す人に比較的たたき上げが多いのは、いわゆる有名大学でいい成績をとった者は大企業に入るため、会社を辞めてまで会社を興すモチベーションは生まれず、そもそも不安定な位置にある人が一発逆転を期して会社を立ち上げることが多いからだと思われます。

 さらに付け加えれば、ベンチャー立ち上げて成功すると、今度はやっかまれます。「あんなに金を儲けやがって・・・」、「うまいことやっておいしい汁吸いやがって・・」etc。嫉妬の文化というやつです。リスクは大きく、成功しても賞賛どころか足引っ張り。ホリエモンが逮捕されて一気にベンチャーブームが下火になったのはそういう現実を若者が見たというのも大きいでしょう。

 ベンチャーで働くということは、組織は当てにせず、個人の能力で生きていくということを意味します。潰れて当たり前、失業して当たり前、組織のバックはなくて当たり前です。政府がいくらベンチャー振興政策をしたところで、上のような日本の風土があるかぎり、チャレンジする人は増えないでしょう。日本にシリコンバレーを作るなんてことはどだい無理な話だということが分かります。

 しかし、市場環境が激変する業界では、大企業の長い伝統がしばしば足枷になります。市場は変わっても自分達は変われないので、どんどん取り残されていく・・。これが日本の大手電機の閉塞感の正体だと思っています。
 閉塞感から突破して楽しく生きるには、カナダに移住したブログ氏のように集団とは違う道を自分で探して歩くのが大事なのかな、と思います。それが僕にとってなんなのかは・・・模索中どす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

外資系投資銀行アラサー女子の今

外資系金融といえば、その異常な高給にかつて羨望と嫉妬の眼差しを一身に集め、今はサブプライムショックの元凶として世界中から叩かれている良くも悪くも世界の注目を集める業界です。

そんで、ネットで偶然2つも外資系投資銀行のアラサー女子の書いたテキストを見つけたんですが、異常に面白くて睡眠時間が足りません。

一つは、このブログ
「外資系金融で働くセレブの毎日」
http://financials-violet.cocolog-nifty.com/blog/
腹の立つタイトルですが、内容はアラサー女子の本音を淡々と書いていて面白いです。ここ2~3ヶ月の日記は恋愛相談ばっかりですが、特に2008年9月から年末にかけてのリーマンショックでどんどん業界が崩壊していく様に愕然としている様子は臨場感たっぷりで面白い。
それ以前も投資銀行勤務を誇るわけではなく、「私はこの業界向いていないんじゃないか」、「将来どうしよう・・」といった迷いをよく書いています。
こんな華やかな業界にいても、僕とおんなじような将来の悩みを抱えている人いるんですねー。外資系投資銀行ではプロといえるようなスキルがつかないというのも意外です。恋愛については、投資銀行勤務アラサー女子というのは恋愛市場でのポジション取りが難しいらしく、常に悩み相談状態になってます。

次は、VIPスレまとめ板
【天国から】外資系企業に勤めてたけど今日クビになった【地獄へ】
パート1
http://himasoku123.blog61.fc2.com/blog-entry-593.html
パート2
http://himasoku123.blog61.fc2.com/blog-entry-594.html
完結編
http://himasoku123.blog61.fc2.com/blog-entry-595.html
これ異常に面白いので、読み出したら最後終わるまで寝られないのを覚悟してください。
1さんは、28歳ニート女(元投資銀行勤務)という属性です。最初VIPPER言葉でVIPPER達の質問に答えててぬるい雰囲気から始まります。ぬるい中にも頭の回転の速さと暖かい人柄が垣間見えて個人的にはツボです。テキストだけで惚れそうww
 そのうち、自分の身の上話に移行し、冴えない学生時代から、めくるめく投資銀行の世界へ、そして意外な展開に発展していきます。筆力が高いのですごく引き込まれました。
 小説タッチなので、創作じゃないかという指摘もありますが、前述のセレブブログによれば個人を特定されないよう配慮しているものの、かなり事実に近い話じゃないかということです。
 正直、日本のメーカー勤めからすると想像を絶する世界です。外資系金融って。
 1さんは2003年入社だそうだから、自分と大して入社年度が替わらないんですが、大学を卒業して10年も経たずにこんな壮絶な人生を送る人がいるとは・・。んー、人生いろいろ。

今は業界が崩壊状態で、職がない人がたくさんいるようですね。外資金融の仕事は金以外のやりがいはないと書く人も多いです。でも、なんだかんだ言っても給料が馬鹿高かったのは恵まれているほうじゃないでしょうか。普通の人はすぐに職を探さなければ食っていけませんが、この人たちは「一年はゆっくり休養します」っていうくらい余裕のある人多いもんね。

まー、もう以前みたいなウハウハな仕事はもうないので、次の職を探すのは大変だろうねー。
年収500万から800万の仕事に就くのはうれしいけど、
年収3000万の人は800万の仕事には就けないだろーなー。
そう考えると、高すぎる年収に慣れちゃうのは考えものです。

でも、俺も一回くらい、こんな壮絶な体験してみたいかも!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »