« 村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ | トップページ | 日本の半導体産業の行方 »

2009年2月23日 (月)

ほりえもんいいこというなあ。

こちらのブログで知ったのですが、定額給付金についてほりえもんがナイスアイデアを出してました。だいぶ昔のブログ記事ですが・・。
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10163645915.html
こんかいの定額給付金が無駄だと思っている人たち、定額給付金運用NPOをつくって、そこに寄付しませんか?
(中略)
定額給付金が無駄すぎて、あきれている人たちが沢山居たとしたら1000億円あつまるかもしれません。そのお金は、給付した人に一票ずつ配られる投票権により、運用されます。
(中略)
いわば、定額給付金を用いた壮大な直接民主主義の実験です。

そもそも、税金を広く市民から集めるのは、ある程度まとまったお金でしか出来ないことをやるためではないでしょうか?せっかくあつめた、それを広く市民に配るってのは、どう考えてもおかしいです。
-----------------------------------
ほりえもんがまともなことを言っている!
定額給付金を集めてファンドにしてしまうって面白いですね。1000億まで行かなくても、2兆円の1パーセントで200億円くらいでも、なかなかインパクトがあって面白いですね。

で、全然関係ないですが。
今日の朝、小倉さんの番組で、7年で30億円の資産を作った29歳の若者が特集されてました。方法は、お定まりのネットトレーディングです。
彼曰く、「今は投資には絶好の機会で100億くらいいくかもしれないけど、お金で幸せになれないことは身にしみて分かったので、もう投資は手仕舞いします」とのこと。バンドに精を出すんだってさー。
30億円あったら・・・えー、どうしよう(妄想が続く・・・)

|

« 村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ | トップページ | 日本の半導体産業の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/28327696

この記事へのトラックバック一覧です: ほりえもんいいこというなあ。:

« 村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ | トップページ | 日本の半導体産業の行方 »