« 日本型社会主義はいかが? | トップページ | ほりえもんいいこというなあ。 »

2009年2月18日 (水)

村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ

友人から教えてもらった村上春樹氏のエルサレム賞受賞のスピーチに感動しました。

このスピーチをエルサレムで行った村上春樹氏に最大限のリスペクト!

個人的にはオバマを超えるほどのすばらしいスピーチでした。

スピーチの英文テキストは以下のリンクにあります。

Always on the side of the egg

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1064909.html

でも、英語を読むのがかったるいという人向けに日本語に訳してみます。天才村上春樹の表現が私のつたない日本語表現になってしまいますが、そこはご勘弁を・・

---------------------------------------------------

今日、私はエルサレムに小説家、つまりプロのうそつきとして来ました。

もちろん、小説家だけが嘘をつくわけではありません。みんな知っているように政治家もそうです。外交官も軍人もときおり彼らなりの嘘をつきます。車のセールスマンも肉屋も建築家もそうです。でも他の人たちと違うのは、小説家は嘘をついても誰からも非難されないことです。それどころか、大衆や批評家に賞賛されます。なぜでしょうか。

 

私の答えは、多分こうです:すなわち、これは巧みな嘘だから ― つまり、フィクションを作りあげることで、それが真実に見えるから―小説家は真実を新しい場所に移して新しい光を当てるのです。多くの場合、もともとの形で真実を捉えて表現するのは、事実上不可能です。そういうわけで、我々小説家は、ものごとをフィクションの場所におき、フィクションの形にすることで、隠れた場所から真実を誘い出し、尻尾をつかまえようとしているのです。しかしながら、それを達成するためには、まず我々のどこに真実があるのかをはっきりさせなくてはなりません。これがよい嘘を作り上げるための重要な資質です。

 

しかし、今日は嘘をつくつもりはありません。私はできるだけ誠実でありたいと思います。私が嘘をつかないと約束するときは一年の中で数日しかありませんが、今日はそのうちのひとつとなります。

 そんなわけで、本当のことを話したいと思います。実はたくさんの人がエルサレム賞を受けにここに来ないようアドバイスをくれました。ある人たちは、もしここに来るようなら私の本の不買運動を検討すると警告さえしてきました。

その理由は、もちろん、ガザでひどい戦闘が起こったためです。国連は1000人以上の人が隔離されたガザ市の中で死んだと報告しています。多数の人は非武装の市民、つまり子供や老人だったそうです。

 

 このような時期にイスラエルへ旅立って文学賞を受けるのは適切なことなのか、この行為が紛争の一方へ肩入れしているという印象を作らないか、一方的な武力を行使することを選択した国の政治を是認するような印象をつくらないか、賞の知らせを受けてから何度も何度も自問しました。もちろんこのような印象は与えたいとは思いません。私はどんな戦争も認めないし、どんな国も応援しません。もちろん、私の本が不買運動にさらされるのも望みません。

 しかし、結局は、よく考えた末にここに来ることにしました。この決断のひとつの理由は、あまりにたくさんの人がここに来ないほうがいいとアドバイスして来たことです。多分、たくさんの他の小説家のように、私は言われたことの正反対をやりたがるのです。もし人々が、「そこにいくな」、「そんなことをするな」と私に言ったら、特にそれが警告だとしたら、私は「そこに行く」ことや「それをする」ことを望むところがあります。それがいわば小説家としての私の性質であります。小説家は特殊な人間です。彼らは、自分の目で見て自分の手で触ったものじゃないと本当に信じたりしないのです。

 そして、それがここに私がいる理由です。私は離れているより、ここに来ることを選びました。私は見ないことより自分で見ることを選びました。私は黙ることより皆さんと話すことを選びました。

 これは、政治的なメッセージを伝えにここにいるということではありません。もちろん、正しいことと悪いことを判断することは小説家のもっとも重要な義務ですが。

 しかし、その判断を他人に伝える表現はそれぞれの書き手に任されています。私自身は物語、超常的な物語にすることが好きです。なぜなら、今日は直接的な政治メッセージを伝えにあなた達の前に立っているつもりはないからです。

 

でも、どうぞ大変個人的なメッセージを一つ言うことを許してくださいね。それは、フィクションを書いているときに常に心に留めていることです。私はこれを紙切れに書いたり、壁に書いたりさえしません。私はこれを心の壁に刻んでいるだけです。それは:

 「高くて硬い壁と一つの卵との間で衝突が起こったら、私はいつでも卵の味方をするだろう」

 

そう、どれだけ壁が正しくて、卵がどれだけ悪くても、私は卵の味方をします。他の誰かがどっちが正しくてどっちが悪いかを決めるでしょう。多分時間や歴史が決めるのでしょう。もし、どんな理由でも壁の味方をして物書きをする小説家がいたら、その仕事にはどんな価値があるんでしょう?

 この暗喩にどういう意味があるんでしょうか。いくつかの場合、非常にシンプルで明快です。爆弾と戦車とロケットと白りん弾は高くて硬い壁でしょう。卵は、破壊され、焼かれ、撃たれた非武装の市民です。これは暗喩のひとつの意味です。

 でも、これがすべてではありません。より深い意味もあります。このように考えてください。我々は誰でも多かれ少なかれ、一つの卵です。我々はそれぞれに唯一でかけがえのない魂を壊れやすい殻の中に持っています。これは私の真実で、みなさん一人ひとりの真実でもあります。そして我々の一人ひとりは多かれ少なかれ、高くて硬い壁に直面しています。この壁には名前があります。「システム」です。システムは我々を守ってくれるように思えますが、時々自分自身の生命を帯びて、冷たく、効率的に、システマティックに、我々を殺し始めたり、我々が他人を殺す原因になったりします。

 

 私は小説を書く只一つの理由があります。それは個々の魂の尊厳を表面に持っていき、光を当てることです。物語の目的は、システムがその網の目の中で我々の魂をもてあそんだり貶めたりしないよう、警告をならしたり、ライトをシステムに向け続けたりすることです。わたしは物語―生と死の物語、愛の物語、人々を泣かせたり恐怖で震えさせたり笑って震えたりするような物語―を書くことで個々の魂のユニークさを明確にしようとし続けることが小説家の仕事だとまったく信じております。これが我々が日々、大真面目にフィクションを作り続ける理由であります。

 

 私の父は去年90歳で亡くなりました。彼は引退した教師でパートタイムの僧侶でした。彼が大学院のころ、彼は徴兵されて中国に送られました。戦後子供が生まれたとき、私は毎朝、彼が朝食前に家の仏壇の前で長く深いお経をとなえるのを見たものです。一回彼にどうしてそのようなことをするのか聞いたところ、彼は戦争で死んだ人々のために祈っていると教えてくれました。

 彼は味方も敵も同じように、戦争で死んだすべての人に祈りをささげていました。仏壇の前に正座をした彼の背中を凝視すると、彼の周りに死の影が漂っているように思えました。

 私の父は死に、彼の記憶もまた彼とともに去りました。彼の記憶は私はもう知ることはできません。しかし、彼の周りに潜んでいた死の存在は私の記憶の中に残っています。これは彼から伝えられた数少ないものの一つで、一番大切なものです。

 

 私は今日、みなさんに伝えたいことが只一つだけあります。我々は国籍や民族や宗教を超えて個々人の人間で、システムと呼ばれる高い壁に相対しているもろい卵なのです。誰の目から見ても、我々に勝ち目はありません。壁は高すぎ、強すぎ、そして冷たすぎます。もし我々に勝利の望みがあるとすれば、我々自身、そして我々の魂の独自性とかけがえのなさを信じること、そして魂が寄り集まって得られる暖かさに由来しなくてはならないと思います。

 

 このことを少しの時間考えてください。我々一人ひとりが実体のある、生きた魂を持っています。システムはそのようなものはもっておりません。システムが我々を搾取することを許してはいけません。システムが自身の生命をもつことを許してはいけません。システムが我々を作ったのではありません。我々がシステムを作ったのです。

それが、私がみなさんに言わなければならないことのすべてです。

エルサレム賞を受賞したことを光栄に思います。私の小説が世界の多くの場所で人々に読まれていることを光栄に思います。私は、ここで今日、皆さんにお話をできる機会を持てることを光栄に思います。

-------------------

*追記

英語の原文について一番信頼性の高そうなテキストの情報を以下のブログで見つけました。
http://kayophils.blog.so-net.ne.jp/2009-02-20
-----------------------------------------------
以下の英文は村上春樹さんが講演を終えたあと共同通信エルサレム支局の長谷川健司特派員(支局長)がエルサレム賞主催者から入手
したテキストが基になっています。しかし、実際の講演はこれに少し修正が加えられていました。当日、長谷川特派員が授賞式会場の
取材で録音したレコーダーを聞きなおし、実際に村上さんが話した通りに再現したものです。
http://www.47news.jp/47topics/e/93880.php
---------------------------------------------
と、いうことです。
全訳した英文と数箇所表現が変わっているところがありますが、大体一緒です。IsraelNewsのものは、多分講演の原稿なんでしょうね。

|

« 日本型社会主義はいかが? | トップページ | ほりえもんいいこというなあ。 »

コメント


感動しました。
村上春樹のファンであることを誇りに思いました。

G7で失態を犯した政治家なんかよりも、
こういう素晴らしいメッセージを、
もっとたくさん伝えるべきだと思います。

投稿: サッカーとカフェと音楽と | 2009年2月18日 (水) 08時33分

>サッカーとカフェと音楽とさん
コメントありがとうございます。
まったくですね。
オバマと対比して、あんまりな日本の政治家にうんざりしているので、日本人として誇らしく思います。もっと話題にしてしかるべきスピーチだと思います。

もちろん、政治と関わりのない立場だから言いやすいというのはあるだろうけど、これほどの見識、表現力、行動力、そして世界への影響力のある政治家はいないですよね~。

投稿: ちぶぞう | 2009年2月18日 (水) 13時43分

はじめまして!

とても読みやすい訳文ですね。

村上春樹氏のエルサレム賞受賞のスピーチ、小説家として、さすがのメッセージになっていますね。

村上春樹氏のエルサレム賞受賞のスピーチ、どんな内容か知りたかっただけに、こうして読めることを嬉しく、且つありがたく思いました。


投稿: やいっち | 2009年2月19日 (木) 19時20分

>やいっちさん
ありがとうございます!
1時間半くらいでざっと翻訳したので、細かい部分は微妙なところもありますが・・・(汗
この英文テキストも、春樹さんの原文に完全に一致しているという保証はないのですが(大体あってるとは思いますが)、十分すばらしい内容ですよね。しかも、英語の表現力がすごい。こんなことを言える日本人がいるというだけで、救われますね~

投稿: ちぶぞう | 2009年2月19日 (木) 21時07分

小説を本当に必死で、真剣に書いて行くと、政治家じゃなくてもこういうスピーチで人を感動させる事ができるんですね・・・
素晴らしい訳文ありがとうございました!

投稿: かりん | 2009年2月20日 (金) 17時03分

>かりんさん
はじめまして!
そういっていただけると恐縮です。
そーですね。村上氏の表現力の冴えは、長年の修練の結実なんでしょうね。日本には、政治はなくても文化はある!と思いました。

投稿: ちぶぞう | 2009年2月20日 (金) 21時49分

はじめまして♪

 例の泥酔のニュースばかりの中で、こんな素晴らしいニュースがあったということをこのプログを通じて初めて知ることが出来ました。改めて報道の不思議を感じます。
英文を理解する能力はないので(゚ー゚; 訳文を通じて氏のスピーチをイメージさせていただくことができました。本当にありがとうございましたm(_ _)m 

投稿: setsu | 2009年2月20日 (金) 21時52分

>setsuさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
自分の訳で参考になりましたら、うれしいです^^;
そーなんですよね、例の泥酔会見は、確かにひどかったけど、あそこばっかりスポット当ててどーすんだと。ヒラリーと麻生の会談ももっとちゃんと報道しろと思いました。
そして、こういう勇気の出るニュースは、ちゃんとスピーチ全部放映してほしいですね。
そのうち、NHK特集とかで追跡ドキュメントとかやらないかしら。

投稿: ちぶぞう | 2009年2月21日 (土) 01時23分

日本語訳有難うございました。

素晴らしい村上氏のスピーチ感動しました。海外に住む日本人として 嬉しい限りです。

私はスウェーデン在住ですが こちらでは 日本は遠い国で 日本人の活躍はあまりマスコミに出ないので 貴ブログで 初めて知りました。

しかし 彼の小説は スウェーデン語にも翻訳されていて 今、ラジオでスプートニクの恋人が朗読小説として 月曜から金曜まで 放送されており 楽しみに聴いているところです。

投稿: 夏奈留 | 2009年2月21日 (土) 05時02分

すばらしいですね!
どうしても引用させていただきたく、はじめてトラックバックなるものに挑戦しました。うまくできているといいのですが…。
ありがとうございました。

投稿: カメ | 2009年2月21日 (土) 07時01分

はじめまして。

ここを見つけるまで、こんな素晴らしいスピーチがあったことすら知りませんでした。

訳もすごく読みやすくて、英語が全く読めない身としては本当に助かります。

トラックバックさせていただきました。

素敵な記事をありがとうございました。

投稿: あぶらず | 2009年2月21日 (土) 08時10分

はじめまして。

とても、読みやすい訳なので、私のブログでリンクさせていただきました。
http://ichiyoraihuku.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-1cd9.html

久々に、嬉しいニュースでした。イスラエルではどういう反応だったのか知りたいところです。


投稿: スイカ | 2009年2月21日 (土) 11時16分

>夏奈留さん
コメントありがとうございます!
ブログ見ていただいてうれしいです。
スウェーデンにお住まいなんですね。
スウェーデンでも、村上春樹さんの小説は流れているんですね。すごいですね~。
なんか、国際的にはダメダメな日本人の報道が多かったので、彼の行動にはなんだか励まされますね!

>カメさん
トラックバック届いてますよ^^
引用いただいてありがとうございます。ちょっと意訳してる部分もありますが、大体の雰囲気は伝わっていると思います。

>あぶらずさん
コメント&TBありがとうございます!
村上さんのスピーチのご理解に、この記事が一助になっていればなによりです。自分としては、昨今の状況のなかで、こんなスピーチをしてくれた方がいるというのが衝撃でしたし、なによりうれしかったです。

>スイカさん
とりあげていただいてありがとうございます!
イスラエルの反応気になりますよね。
動画を見るとスタンディングオベーションでしたね。
毎日新聞の記事では「エルサレムまで来て賞を受けながらイスラエル批判をするのは納得いかない」という声も紹介されてました。ただ、イスラエルは言論の自由を重視するところがあるようなので、過敏には反応してないかもしれませんね。
でも、戦時中は、多かれ少なかれ政治的な発言には敏感になるものなので、村上さんのスピーチは勇気のあるものでしたね。

投稿: ちぶぞう | 2009年2月22日 (日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/28174221

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ:

» 昭和53年(1978)のベスト・セラー [あの年のベスト・セラーは?]
1.有吉 佐和子 「和宮様御留」 講談社 2.ジョン・K・ガルブレイズ 「不確実性の時代」 TBSブリタニカ 3.山崎 豊子 「不毛地帯 1〜4」 新潮社 [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 08時28分

» 村上春樹 写真 [youtube動画最新ニュース]
村上春樹論集(2)商品価格:2,310円レビュー平均:5.0 村上春樹のエルサレム演説に触発されての雑感村上春樹のエルサレム演説について書いているようで、一つもそれに触れない、私的な記事。 村上さんは、戦争を生む社会システムを「我々を守る一方、時には組織的な殺人を強いる『壁』」と呼び、人間を壁にぶつかると割れてしまう「卵」にたとえた。 ...(続きを読む) 村上春樹のスピーチテレビでしったのですが、村上春樹がエルサレム賞のスピーチで。 Murakami, in trademark obscurit... [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 10時23分

» 村上春樹のエルサレム賞スピーチメモその4、動画と口語的英文【リンク元、日本語訳追記】 [あひるちゃんがゆく]
動画とリンク先を知るきっかけとなった知人の日記が、blogに公開されていたのでリンクを貼らせて頂きます。日本語訳もつけてくださっているので、それも転載させて頂きます。今まで読んだ中でこれが一番話し言葉に近いし、動画で春樹氏自身の肉声も聴いたものだから、一番心...... [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 11時55分

» 村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ [壺中山紫庵]
村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチの日本語訳が読めます: 「はんどー隊ブログ [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 19時40分

» 村上春樹さん [swing]
村上春樹にハマったきっかけは『ねじまき鳥クロニクル』でした。 エルサレム賞受賞の [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 06時59分

» 壁と卵 [馬とツバメとチェッカーズ]
村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチの訳文を読んだ。 文章を考えるプロとはいえ [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 08時00分

» 卵側の村上春樹氏 [南都 夏奈留 のブログ]
村上春樹の「スプートニクの恋人」、こちらの国営放送、連続ラジオ小説で先週金曜日か [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 00時34分

» ■村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ [★究極映像研究所★]
村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ       (はんどー隊ブログさん翻訳) [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 00時17分

« 日本型社会主義はいかが? | トップページ | ほりえもんいいこというなあ。 »