« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月23日 (月)

ほりえもんいいこというなあ。

こちらのブログで知ったのですが、定額給付金についてほりえもんがナイスアイデアを出してました。だいぶ昔のブログ記事ですが・・。
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10163645915.html
こんかいの定額給付金が無駄だと思っている人たち、定額給付金運用NPOをつくって、そこに寄付しませんか?
(中略)
定額給付金が無駄すぎて、あきれている人たちが沢山居たとしたら1000億円あつまるかもしれません。そのお金は、給付した人に一票ずつ配られる投票権により、運用されます。
(中略)
いわば、定額給付金を用いた壮大な直接民主主義の実験です。

そもそも、税金を広く市民から集めるのは、ある程度まとまったお金でしか出来ないことをやるためではないでしょうか?せっかくあつめた、それを広く市民に配るってのは、どう考えてもおかしいです。
-----------------------------------
ほりえもんがまともなことを言っている!
定額給付金を集めてファンドにしてしまうって面白いですね。1000億まで行かなくても、2兆円の1パーセントで200億円くらいでも、なかなかインパクトがあって面白いですね。

で、全然関係ないですが。
今日の朝、小倉さんの番組で、7年で30億円の資産を作った29歳の若者が特集されてました。方法は、お定まりのネットトレーディングです。
彼曰く、「今は投資には絶好の機会で100億くらいいくかもしれないけど、お金で幸せになれないことは身にしみて分かったので、もう投資は手仕舞いします」とのこと。バンドに精を出すんだってさー。
30億円あったら・・・えー、どうしよう(妄想が続く・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチ

友人から教えてもらった村上春樹氏のエルサレム賞受賞のスピーチに感動しました。

このスピーチをエルサレムで行った村上春樹氏に最大限のリスペクト!

個人的にはオバマを超えるほどのすばらしいスピーチでした。

スピーチの英文テキストは以下のリンクにあります。

Always on the side of the egg

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1064909.html

でも、英語を読むのがかったるいという人向けに日本語に訳してみます。天才村上春樹の表現が私のつたない日本語表現になってしまいますが、そこはご勘弁を・・

---------------------------------------------------

今日、私はエルサレムに小説家、つまりプロのうそつきとして来ました。

もちろん、小説家だけが嘘をつくわけではありません。みんな知っているように政治家もそうです。外交官も軍人もときおり彼らなりの嘘をつきます。車のセールスマンも肉屋も建築家もそうです。でも他の人たちと違うのは、小説家は嘘をついても誰からも非難されないことです。それどころか、大衆や批評家に賞賛されます。なぜでしょうか。

 

私の答えは、多分こうです:すなわち、これは巧みな嘘だから ― つまり、フィクションを作りあげることで、それが真実に見えるから―小説家は真実を新しい場所に移して新しい光を当てるのです。多くの場合、もともとの形で真実を捉えて表現するのは、事実上不可能です。そういうわけで、我々小説家は、ものごとをフィクションの場所におき、フィクションの形にすることで、隠れた場所から真実を誘い出し、尻尾をつかまえようとしているのです。しかしながら、それを達成するためには、まず我々のどこに真実があるのかをはっきりさせなくてはなりません。これがよい嘘を作り上げるための重要な資質です。

 

しかし、今日は嘘をつくつもりはありません。私はできるだけ誠実でありたいと思います。私が嘘をつかないと約束するときは一年の中で数日しかありませんが、今日はそのうちのひとつとなります。

 そんなわけで、本当のことを話したいと思います。実はたくさんの人がエルサレム賞を受けにここに来ないようアドバイスをくれました。ある人たちは、もしここに来るようなら私の本の不買運動を検討すると警告さえしてきました。

その理由は、もちろん、ガザでひどい戦闘が起こったためです。国連は1000人以上の人が隔離されたガザ市の中で死んだと報告しています。多数の人は非武装の市民、つまり子供や老人だったそうです。

 

 このような時期にイスラエルへ旅立って文学賞を受けるのは適切なことなのか、この行為が紛争の一方へ肩入れしているという印象を作らないか、一方的な武力を行使することを選択した国の政治を是認するような印象をつくらないか、賞の知らせを受けてから何度も何度も自問しました。もちろんこのような印象は与えたいとは思いません。私はどんな戦争も認めないし、どんな国も応援しません。もちろん、私の本が不買運動にさらされるのも望みません。

 しかし、結局は、よく考えた末にここに来ることにしました。この決断のひとつの理由は、あまりにたくさんの人がここに来ないほうがいいとアドバイスして来たことです。多分、たくさんの他の小説家のように、私は言われたことの正反対をやりたがるのです。もし人々が、「そこにいくな」、「そんなことをするな」と私に言ったら、特にそれが警告だとしたら、私は「そこに行く」ことや「それをする」ことを望むところがあります。それがいわば小説家としての私の性質であります。小説家は特殊な人間です。彼らは、自分の目で見て自分の手で触ったものじゃないと本当に信じたりしないのです。

 そして、それがここに私がいる理由です。私は離れているより、ここに来ることを選びました。私は見ないことより自分で見ることを選びました。私は黙ることより皆さんと話すことを選びました。

 これは、政治的なメッセージを伝えにここにいるということではありません。もちろん、正しいことと悪いことを判断することは小説家のもっとも重要な義務ですが。

 しかし、その判断を他人に伝える表現はそれぞれの書き手に任されています。私自身は物語、超常的な物語にすることが好きです。なぜなら、今日は直接的な政治メッセージを伝えにあなた達の前に立っているつもりはないからです。

 

でも、どうぞ大変個人的なメッセージを一つ言うことを許してくださいね。それは、フィクションを書いているときに常に心に留めていることです。私はこれを紙切れに書いたり、壁に書いたりさえしません。私はこれを心の壁に刻んでいるだけです。それは:

 「高くて硬い壁と一つの卵との間で衝突が起こったら、私はいつでも卵の味方をするだろう」

 

そう、どれだけ壁が正しくて、卵がどれだけ悪くても、私は卵の味方をします。他の誰かがどっちが正しくてどっちが悪いかを決めるでしょう。多分時間や歴史が決めるのでしょう。もし、どんな理由でも壁の味方をして物書きをする小説家がいたら、その仕事にはどんな価値があるんでしょう?

 この暗喩にどういう意味があるんでしょうか。いくつかの場合、非常にシンプルで明快です。爆弾と戦車とロケットと白りん弾は高くて硬い壁でしょう。卵は、破壊され、焼かれ、撃たれた非武装の市民です。これは暗喩のひとつの意味です。

 でも、これがすべてではありません。より深い意味もあります。このように考えてください。我々は誰でも多かれ少なかれ、一つの卵です。我々はそれぞれに唯一でかけがえのない魂を壊れやすい殻の中に持っています。これは私の真実で、みなさん一人ひとりの真実でもあります。そして我々の一人ひとりは多かれ少なかれ、高くて硬い壁に直面しています。この壁には名前があります。「システム」です。システムは我々を守ってくれるように思えますが、時々自分自身の生命を帯びて、冷たく、効率的に、システマティックに、我々を殺し始めたり、我々が他人を殺す原因になったりします。

 

 私は小説を書く只一つの理由があります。それは個々の魂の尊厳を表面に持っていき、光を当てることです。物語の目的は、システムがその網の目の中で我々の魂をもてあそんだり貶めたりしないよう、警告をならしたり、ライトをシステムに向け続けたりすることです。わたしは物語―生と死の物語、愛の物語、人々を泣かせたり恐怖で震えさせたり笑って震えたりするような物語―を書くことで個々の魂のユニークさを明確にしようとし続けることが小説家の仕事だとまったく信じております。これが我々が日々、大真面目にフィクションを作り続ける理由であります。

 

 私の父は去年90歳で亡くなりました。彼は引退した教師でパートタイムの僧侶でした。彼が大学院のころ、彼は徴兵されて中国に送られました。戦後子供が生まれたとき、私は毎朝、彼が朝食前に家の仏壇の前で長く深いお経をとなえるのを見たものです。一回彼にどうしてそのようなことをするのか聞いたところ、彼は戦争で死んだ人々のために祈っていると教えてくれました。

 彼は味方も敵も同じように、戦争で死んだすべての人に祈りをささげていました。仏壇の前に正座をした彼の背中を凝視すると、彼の周りに死の影が漂っているように思えました。

 私の父は死に、彼の記憶もまた彼とともに去りました。彼の記憶は私はもう知ることはできません。しかし、彼の周りに潜んでいた死の存在は私の記憶の中に残っています。これは彼から伝えられた数少ないものの一つで、一番大切なものです。

 

 私は今日、みなさんに伝えたいことが只一つだけあります。我々は国籍や民族や宗教を超えて個々人の人間で、システムと呼ばれる高い壁に相対しているもろい卵なのです。誰の目から見ても、我々に勝ち目はありません。壁は高すぎ、強すぎ、そして冷たすぎます。もし我々に勝利の望みがあるとすれば、我々自身、そして我々の魂の独自性とかけがえのなさを信じること、そして魂が寄り集まって得られる暖かさに由来しなくてはならないと思います。

 

 このことを少しの時間考えてください。我々一人ひとりが実体のある、生きた魂を持っています。システムはそのようなものはもっておりません。システムが我々を搾取することを許してはいけません。システムが自身の生命をもつことを許してはいけません。システムが我々を作ったのではありません。我々がシステムを作ったのです。

それが、私がみなさんに言わなければならないことのすべてです。

エルサレム賞を受賞したことを光栄に思います。私の小説が世界の多くの場所で人々に読まれていることを光栄に思います。私は、ここで今日、皆さんにお話をできる機会を持てることを光栄に思います。

-------------------

*追記

英語の原文について一番信頼性の高そうなテキストの情報を以下のブログで見つけました。
http://kayophils.blog.so-net.ne.jp/2009-02-20
-----------------------------------------------
以下の英文は村上春樹さんが講演を終えたあと共同通信エルサレム支局の長谷川健司特派員(支局長)がエルサレム賞主催者から入手
したテキストが基になっています。しかし、実際の講演はこれに少し修正が加えられていました。当日、長谷川特派員が授賞式会場の
取材で録音したレコーダーを聞きなおし、実際に村上さんが話した通りに再現したものです。
http://www.47news.jp/47topics/e/93880.php
---------------------------------------------
と、いうことです。
全訳した英文と数箇所表現が変わっているところがありますが、大体一緒です。IsraelNewsのものは、多分講演の原稿なんでしょうね。

| | コメント (13) | トラックバック (8)

2009年2月 4日 (水)

日本型社会主義はいかが?

 資本主義というのは、労働者が加工したモノを売り、加工で得られる付加価値と労働者に分配する価値との差を蓄積して成長を志向するものです。そこでは労働者に分配する価値を下げる圧力が常に働きます。従って、富を蓄積する資本家以外の労働者はすべて搾取の対象となり、原理的に貧富の差が発生する構造となります。これが身近なところでは派遣切り、グローバルには南北問題と、あらゆるところに格差を生む原因になっています。

そこで、日本だけでも資本主義を止めて社会主義に転換するというのはどうでしょう?
和を重んじ、突出を嫌う日本は、実は社会主義が一番似合う国民性ではないかと思う。
今までの社会主義が失敗した原因は、行き過ぎた平等主義と、一部の特権階級による権力の独占です。
そこで、競争と公平をバランスさせ、特権階級の固定化を防いで、日本をひとつの会社のようにしてしまうのです。日本株式会社。

すべての企業は国有化して、産業のコントロールを行う。企業で言えばGEのようなコングロマリット経営です。国家の持続的な成長を目的にして事業ポートフォリオを考えます。
仕組み的に失業者は発生させず、どんな人もなんらかの職業について働くものとします。働かざるもの食うべからず。給料は、グレード、役割によって違うものとしますが、基本的に格差はゆるやかにする。経営者と平社員の格差の小さい日本企業みたいなものです。職業および収入情報は国がもっているので、ニートやアングラ産業は発生しにくい構造となります。
 重点産業は、農林水産業と医療、環境分野でしょうか。基礎技術としてはバイオ、電子、ソフトウェア。半導体のように、大規模な投資が必要な産業分野は、しばしば国家のバックアップが勝負を分けたりします。国の基幹技術には国家のリソースを惜しみなく投入して何が何でも世界のイニシアチブをとる。これで国際社会での競争力を確保します。 農林水産業は国の足腰です。従事する人口及び生産性の向上は国家が主導したほうが早いでしょう。

そして、国家としてもっとも力を入れるのは、教育です。基本無料にすべきでしょう。読み書きそろばんより重要視するのは、利他と勤労の価値観です。国民が利己的になったり勤勉でなくなったりするとたちまち社会主義は崩壊してしまいます。「利他」と「勤労」の価値観を評価するような社会システムにし、人様のために良く働く人が社会的に重要なポジションに位置し、相応の処遇を受けるようにします。日本はこのような価値観の下地はある程度あるので、なじみやすいんじゃないでしょうか。
 そして、社会主義の場合、指導層のリーダーシップがすべての鍵をにぎるので、エリート教育を徹底させます。家柄や資産に関係なく、優秀な学生にはどんどん投資して最高の教育を受けさせ、広い視野と深い知識を持ったリーダーを輩出するような体制にします。この辺は、米系の優良大企業のような仕組みですね。社会的にも、リーダーシップをとる人間の足を引っ張ったり嫉妬するより、評価してどんどん活躍してもらう価値観を浸透させなくてはなりません。こちらは日本は嫉妬の文化というくらいなので、かなりがんばって風土の転換を図らないといけませんね。「利他」「勤労」の価値観と最高のエリート教育の両方を併せ持ったリーダーは、素晴らしい指導者になる期待が十分持てるでしょう。
 
 言論の自由はできるだけ確保されます。しかし、職業選択の自由はある程度制限されます。新入社員の配属のようなものです。本人の希望は一応聞くが、適性と社内のリソース配分の都合で決定するのと同じですね。

 国民全員が力を合わせて働くので、基本的にワークシェアです。当然賃金は安くなりますが、教育は無料だし、福祉は充実するので、生活にそれほどお金は要りません。贅沢はできないけど、仕事を首になる心配はないし、ワークライフバランスの取れた時間的に余裕のある生活が送れます。こちらのほうがよっぽど出生率が上がって健康的な社会になるかもしれませんね。

・・・というのを考えてみましたが、どないでしょ?意外とこっちのほうがいいという人多かったりして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »