« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

池田清彦さんのお話

テクノ未来塾のセミナーで、早稲田大学教授の池田清彦さんのお話を聞いてきました。

池田さんは、環境問題、特に地球温暖化問題について批判をしている論客の一人です。

TVにも出演してて、結構有名な方のようですが、お会いするまで全然知りませんでした。すいません・・。

主張としては以下のとおり。

・温暖化というが、観測場所の環境が変われば温度もすぐ変わる。正確な測定は無理。

・温度が上昇しているのは都市で、それはヒートアイランド現象であり温暖化ではない。

・たとえ大気中のCO2が2倍になっても、温度上昇は1.5℃程度。地球の歴史で見れば、二酸化炭素は逆に減ってきている。

・京都議定書を日本だけ守っても中国とアメリカが守らなければ、温暖化に対する意味はない。

・本当に重要な問題は、エネルギー問題。日本は京都議定書遵守に数兆円も予算を使うより、代替エネルギー開発に予算を振り向けるべきだ。

 現在の環境問題の主流の主張とはかなり異なった主張をしているので、批判も多い方でありますが、こういう少数意見は、主流意見を相対化させてくれるので、何事にも貴重な存在だなとは思います。

 池田さんの話から感じたのは、物事をひとつの断面のみで捉えるのではなく、常に問題の本質を見失わず、思考停止しないことは大事だなということです。

また、環境問題をCO2排出問題だけに還元してしまうことの危うさですよね。そういう物事の単純化には政治的な要素が入りやすくなるので、本質とはずれたおかしな問題設定になる可能性が高いということなのだと考えています。

日本は、CO2排出削減に骨身を削って努力するより、代替エネルギーを開発するほうが優先度が高いのではないかというのは同感です。
なんだかんだいってエネルギー輸入がストップすれば、日本は滅びるのは間違いないので、省エネルギー社会を目指す一方、エネルギー開発技術を磨いて死なないようにしなくてはならないと思います。

自分は、地球環境を保全しなくてはならないというのは、つまりは人間の住みやすい地球環境を保たねばならないということだと考えています。今の自分達がぜいたくに暮らせればいいんだ!という態度で地球の資源を無制限に浪費する社会は、完全市場仮説を前提にしたアメリカ金融ビジネスと一緒で、プレイヤーの規模が大きくなってプレイヤーの行動が環境そのものに影響を及ぼすようになると、環境変動の予測がつかなくなり、最後は自滅することになると思っています。だから、CO2問題はさておき、地球環境へのインパクトが小さい社会スタイルを目指すのは大事なのではないかと感じております。
まあ、途上国の人たちに子供を生むなとはいえないけれど人口爆発は困るとか、いろいろと難しいんではありますが・・

池田さんのようにマイナーな主張をされている方は、日本社会についてまた違った感じ方をされていて(マスコミの報道姿勢など)、非常に示唆に富むお話でした。

それと、とにかく池田さんは話が面白い!講義も面白かったし、その後の飲み会での雑談もすごく面白かったです。話が面白いというのはそれだけでも価値がありますね。話が面白い大人になりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

藤原直哉さんと、事業本部長の話

 小鳥ピヨピヨさんが紹介してて、聞いてみて面白かったのが、経済アナリストの藤原直哉さんのポッドキャストです。

藤原直哉のインターネット放送局

住友電工から経済企画庁出向を経て、ソロモンブラザーズで投資戦略を担当し、現在シンクタンクを主宰していて自分では農園もやっているという藤原直哉さんが、独自の視点で、今の政治・経済情勢を語ります。特に面白かったのは、いちるさんも書いているように、アメリカの覇権金融主義の考え方の由来を南北戦争くらいから紐解く以下の対談です。

対談 「アメリカの世界帝国なるもの-その1」

対談 「アメリカの世界帝国なるもの-その2」

これに興味を惹かれて、他のポッドキャストも聞いてみました。大体繰り返している主張は以下の通りです。

・とにかく今は大混乱期で、来年あたりはすべての既成秩序が「解散」というくらいの大混乱に世界が陥る。大恐慌はすぐ間近に迫っている。

・金融がストップした後は、経済がストップする可能性がある。そうすると、世の中のシステムがすべて崩壊し、大都市にいる人ほど困る。何も考えないで怖いとか言っていると激流に流されていって終わってしまう。

・大混乱期には、自分の身近な人のつながりが重要。

・ネオコンなど新自由主義者は悪の権化。米国追従の小泉・竹中ラインは売国奴。

・米国の時代が終わった後は、日本の時代が来る。

・このような混乱期は、温かく楽観的なリーダーシップが必要。冷たいリーダーシップは駄目。

あまりに断定的なところは少し割り引いて聞くのかなと思うんですが、とにかく、藤原さんの話を聞いていると、黙示録の世界が現実になるような、天と地がひっくり返るような世界が来るような気がしてくるわけです。こんなサラリーマンなんてやってて大丈夫かなとか思ってしまったりするのですが・・・

 一方、今日、勤務している会社の事業本部長と雑談したわけです。この人はかなりアクティブな人で、顧客や同業他社のところにしょっちゅう行ってて、業界の状況とかマーケットの状況とか、ある程度肌感覚で分かっているわけです。で、彼の話を聞くと、やはりサブプライムの影響で市場は不況に陥っているものの、いきなり天地がひっくり返ってすべての秩序がぶち壊れるということでなく、現在の世界と地続きで、今後の会社のポジションの見通しを語っていました。

 この状況の読み方の食い違いは、藤原さんが意図的に危機感を煽っているとか、わが社の幹部が世の中について鈍いとかいうことでは必ずしもなく、やはり経てきたキャリアの違いが世界観に影響しているのかなと思いました。藤原さんの在籍していた金融界は、リーマンが潰れ、投資銀行ビジネスが崩壊するという、まさに既存秩序崩壊の、大混乱の真っ只中にいるわけです。それは、やはり世界への見方に影響すると思います。一方で、製造業は、もちろん金融の混乱の影響は受けるわけですが、仕事としては、モノを作って売っていくという世界が変わらず続いていくわけです。

 その違いが、現在の世界観の違いに繋がっているのだと思います。 

 果たしてどちらがより正しいのか。自分は、藤原さんのいうように6京円に達するデリバティブ残高は、予想をしないような影響を世の中に与える可能性があるとは思います。ただ、戦時だろうが、大恐慌だろうが、大部分の庶民の生活は淡々と続いていたわけで、必要以上に恐れることはないと思います。また、こういうときはモノを作っている実業は強いと思いますね。人間の生活に本当に必要なモノを作っていれば、結構生き残っていけるのではと思います。

 個人的には、混乱の時代って怖いけどワクワクするんですよね。どんな時代がやってくるのか、楽しみではあります。

 こういう時代になると、経済や政治をきちんと勉強しなおしたくなりますね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

MIRAI:ネットとガジェットの融合にいってきた

Mirai_2

MIRAI:ネットとガジェットの融合に行ってきました。

会場はこんな感じ。セミッターで参加者のコメントをスクリーンに反映することが出来ます。けっこうみんな好き勝手言ってて、2chのような雰囲気になってました。

044

会場には、 タリーズのサンドイッチやドーナツの山など、たくさんの食べ物や飲み物があり、無料のイベントなのにかなり豪勢でした。アルコールもあり、サントリーのハイボール製造マシンが置いてありました。

039

うまかった!

チャンビーはじめて見ました。

050

好きなウィジェットをPCからストリーミングで配信してきてタッチパネルで映すというガジェットです。面白いんですが、バッテリーと、内部メモリがないんですね。外に持っていけないということは、自分で買うかどうかというと・・

さて、ミーティングの内容のほうは・・・ハイボールのせいかあまり覚えてませんすいません。

進み方は、パネリストが壇上に出てきて、最初にソニーや三洋の製品紹介があって、その後自由にディスカッションをしながら進行していったのですが、ちょっとまとまりのない雑談風になってて、聞いているほうも間延びしてしまったので、ファシリテータを立ててもうちょっと議論を誘導したほうがよかったかもしれませんね。また、セミッターのコメントももうちょっと拾って議論に入れていくとインタラクティブに盛り上がった気がします。

とはいえ、セミッターで自由にスクリーン上に意見を反映させられる仕組みは面白かったです。それに、まつゆうさんやジェットダイスケさんなど、率直に自分の意見を語っていてとても面白いコメントもありました。イエイリさんとてもいいキャラしてますね。

 そして、僕の感想は、もうガジェットには多機能は求められてないんだなーということです。いろいろと機能がありすぎるとかえって何をやっていいか分からない。それにモバイルガジェットは、携帯とiPod以上のものは持ちたいと思わない。それ以上モバイルガジェット出されてもポケットに入りませんと。だから、機能はシンプルにわかりやすく。モバイルガジェットなら携帯と音楽プレイヤーの基本機能はカバーして持って歩くのは一個で事足りるようにする。そして、重要なのはソフトのUIも含んだデザインですよね。大体女子は電子ガジェットに興味を示さないわけです。これはデザインの問題が大きいんですよね。親しみやすく、夢があるデザインとか、かわいいでざいんとか、電子ガジェットのデザインは挑戦する領域がまだありそうです。で、今後のガジェット向け電子デバイスに求められる性能としては、高速通信、ストレスのないソフトウェアの立ち上がり速度、そして長時間のバッテリーといったあたりでしょう。この辺が、我々デバイス屋には示唆になったかなと思います。

このような新しい試みは、企画運営した方々は苦労も多かったと思います。これからもがんばって挑戦してください。お疲れ様でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

MIRAI:ネットとガジェットの融合

Mirai_2 

MIRAI:ネットとガジェットの融合というイベントが10月20日に行われます。

このイベントは、『「ガジェットやウェブサービスの未来について、利用者と企業の方が「こういうのを作ってほしいな」とか「こんなのがあったらいいんじゃない?」といったことを雑談するイベント』です。パネリストには松下電器を経てネット家電ベンチャーを作った和蓮和尚 さんなどかなり個性的で面白そうなメンツがそろいます。

自分もこれに参加予定です。半導体業界も成熟しつつあり、「How to make」から、「What to make」にポイントが移っているといわれる昨今、やっぱこういう電子機器に対する新しい試みは積極的に参加すべきだと思うわけですよ。そこから、何か半導体開発のヒントが拾えるかもしれぬ。新しいトレンドには敏感になるよう、アンテナを張っておきたいもんでげす。

というのは半分。後の半分は単に好奇心。面白そうだから。やっぱ、こういう面白い取り組みをどんどんしていく業界ってのはいいよね。じじいが額集めて難しい話をしているだけではやっぱ面白くない。

いやー、どんな話になるんだろ。参加者全員がアイデア出せる仕組みも用意するようだし、楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »