« 【技術参考書】アナログCMOS集積回路の設計 基礎編  Behzad Razavi 著 | トップページ | 【技術参考書】アナログCMOS集積回路の設計 応用編  Behzad Razavi 著 »

2008年6月22日 (日)

NECエレとエルピーダ、ディスプレイ用ドライバICの合弁会社を設立へ

mycomの記事より

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/20/030/

NECエレクトロニクスとエルピーダメモリは20日、液晶ディスプレイおよびフラットパネルディスプレイのドライバIC分野で合弁会社を設立すると発表した。現在は基本合意の段階で、9月末を目処に契約を締結し、今年中に新会社を設立する見込み。出資比率はNECエレクトロニクスが80%程度、エルピーダメモリが20%程度となる予定。

新会社ではディスプレイ用ドライバICの開発や設計、販売を行い、製造はエルピーダメモリに委託する。製造には、エルピーダメモリの広島工場内にある300mmウェハの製造ラインを使用する。

今回の基本合意は、ディスプレイ用ドライバIC事業の拡大を図るNECエレクトロニクスと、300mmウェハの製造ラインを効率的に活用したいエルピーダメモリの考えが合致したことによるもの。

発表によると、2007年度のNECエレクトロニクスのディスプレイ用ドライバICの売上は約800億円で、世界シェアでは12~13%。また、エルピーダメモリの広島工場内にある300mmウェハの製造ラインは、月産で約12万枚の製造能力を有しているという。

 東芝も液晶用ドライバ事業を再編したことだし、この業界も再編の波が大きく押し寄せてきているのでしょう。アイサプライによると、液晶ドライバICは、大型小型合わせて2011年に100億個市場になるという成長業界ではありますが、パネルの価格下落に歩調を合わせてIC自体の価格下落も激しいものがあります。メモリのように生産を大規模化して量産効果による低コスト化をいち早く進める必要もあるでしょう。NECエレは現在世界市場で3位以内のポジションにいるようですが、市場シェアが10%そこそこでは心細いものがあります。エルピーダはエルピーダでDRAMだけではあまりに事業のボラタリティが大きすぎるので、ロジックにもある程度手を伸ばして事業構造を安定化させたいのかもしれません。

 そういった思惑も絡んでいるんでしょうね。別会社にしたことで経営判断を機動的に出来ればプラスに働くでしょうけど、投資規模だけ会社のサイズに合わせて小さくなり、経営判断スピードは相変わらずという日本企業お定まりの路線になってしまうと、事業切捨てと思われかねません。是非、経営陣には奮闘していただきたいものです。

|

« 【技術参考書】アナログCMOS集積回路の設計 基礎編  Behzad Razavi 著 | トップページ | 【技術参考書】アナログCMOS集積回路の設計 応用編  Behzad Razavi 著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/21823611

この記事へのトラックバック一覧です: NECエレとエルピーダ、ディスプレイ用ドライバICの合弁会社を設立へ:

« 【技術参考書】アナログCMOS集積回路の設計 基礎編  Behzad Razavi 著 | トップページ | 【技術参考書】アナログCMOS集積回路の設計 応用編  Behzad Razavi 著 »