« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月19日 (月)

シュールストレミングを食べる

シュールストレミングというスウェーデン産のニシンの塩漬けの缶詰があります。これは、世界一臭い食材と有名な缶詰なのです。

wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0

これは今は空輸禁止されていて、日本ではなかなか食べられないのですが、友人の伝で食べる機会があって、シュールストレミングを食する会に参加してきました。

屋内では開けると大変なことになるということで、場所は多摩川の土手です。

今回の缶は、スウェーデンからシベリア鉄道で持ち運ばれ、新潟港から日本入りしたという、旅情あふれる一品です。
20071118_4
缶はガスでちょっと膨らんでいます。
20081118_5
高まる期待・・わーい(嬉しい顔)

友人の奥さんや友達など10人ほど集まり、友人の奥さんの周到な準備で鍋などその他まともな食材を取り揃えました。
乾杯のあと、ついに開缶!

あけた瞬間ぶしゅっと言った!!ふらふら
けど、戸外だからか、予想ほどの異臭は飛んでこなかったです。
これが中身
20071118_2
なんというか、本当に生のニシンの塩漬けという感じです。
たまに泡がぷくっぷくっと浮かんできます・・。
漬かりすぎると、全部どろどろに溶けてしまうらしいですが、今回は綺麗に残ってました。
調理風景
20071118_3
スウェーデン式では、玉ねぎ、マッシュポテト、クリームチーズとともにパンにはさんで食べるようです。
20071118
こんな感じ。ちなみにパンはseizy奥さんの自家製です。
うまい!わーい(嬉しい顔)・・・シュールストレミングに当たらないうちは。
シュールストレミングに当たるとうっ!となります。やっぱ腐った魚の臭いって感じですね・・。
調子に乗って、シュールストレミングを丸かじりしてみましたが、さすがにこれはきつかったっす(∵)
たとえて言えば、臭いはドリアン、味は酒盗といった感じでしょうか。
日本酒で流し込まないと耐えられない・・
そう、日本酒が結構合うのです。

そんなこんなで臭い臭い言いつつ、もくもくと一人で3匹以上食べてしまいました。意外といける俺・・

思ったほどの衝撃はなかったけど、やっぱ屋内では開けられないでしょうねこれ。それに夏だったら結果は相当違ってたと思います。鍋に汁をいれたらどうかという提案は速攻却下されました。

家に帰ってもしばらくずっとシュールストレミングの臭いが残ってました。胃の中で発酵しているからか、げっぷがやたらと出るし、おしっこの臭いもおならの臭いもすべてシュールストレミングの臭いなんだけど。げっそり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

回路設計と板前の共通点

よくコンビニで売ってるMy first bigの板前漫画(味いちもんめとか、江戸前の旬とか)を読んでいるのですが、最近、俺の仕事もどっちかというと、こういう板前のような職人に近い気がしてきました。

なんかですねえ、一人前に認められるまでの道のりが遠いのですよ・・。

味いちもんめなんかによると、一人前に認められるまでには、追いまわし→焼き方→煮方→立て板という道筋を、15年くらいかけて回っていくようです。最後は花板という、俗にいう親方の地位があるのですが、これは管理職に近いですね。

これをおいらの仕事(アナログ回路設計)に当てはめると、

・雑用、レイアウト、周辺回路設計(初心者~2、3年目くらい)・・・追いまわし

・先輩のアシストを受けて、自分でコアの回路設計の経験を積む(3~6年目くらい)・・・・焼き方

自立してコアの回路設計を担当し、プロジェクト進捗もある程度自分で管理する(7年目~9年目くらい)・・・・煮方

回路のトポロジーの開発も行い、若手の面倒も見る(10年目以降)・・・立て板

チームマネージャー(管理職)・・・・・花板

やっぱ、一人前と見なされるのは、7年目以降の、板前の世界でいう煮方クラスなんですよね。回路に熟達して自分で回路方式の選択や新規開発を出来るような人は10年目くらいの立て板クラスの人で、そこまでいくと花板もあまり細かいことは言わなくなります。

わしゃ、他の技術分野からこの世界に入って、今三年目、まあ、追いまわしをやっと卒業したところですよ。自分の場合、いわば農家をやってた人が一念発起して料理人の世界に飛び込んだようなもんです。同じ食材を扱ってたとはいえ、別次元の話。中卒で料理人をやってた人には同い年でもまだまだ太刀打ちできないわけです。

やっぱ、理論はベースにあるけど、長年の経験と勘がものをいうというところが料理とアナログ回路設計って似てるのかな?
 
 最近妙に料理漫画に親近感を覚える反面、板前修業は中卒とか若いうちから始めるのにちょっと焦りを感じます。仕事がばりばりこなせる30代前半に十分な技術レベルを身に付けるには、そんくらい若いうちから修行しないとってことなんでしょうね。
 振り返って、30歳前後でこの世界に入ったおいらは、十分なスキルを積むころには年齢は・・???
 ってんで、やっぱちょっと焦る今日この頃です。

新・味いちもんめ 20 (20) (ビッグコミックス) Book 新・味いちもんめ 20 (20) (ビッグコミックス)

著者:倉田 よしみ,あべ 善太
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »