« 今年のまとめ:今年の半導体業界は | トップページ | 【Nike+iPod】NIKE+で踊ってみた。 »

2006年12月23日 (土)

大前研一さんって

大丈夫?

株主から見た NEC の立て直し方

またもやNECがネタにされているわけですが。てか、ルネサスなんかも似たような問題を抱えていると思うんだが、半導体業界研究ではなぜNECがネタにされやすいんでしょうかね。まあ、過去に世界一だったという対比が面白いのかもしれません。

それはさておき、次の引用文をご覧ください。

先に、NEC が今でも汎用メモリーを続けていることに対して「首脳部の経営判断ミス」という書き方をした。まこと、会社は時代を読み誤ると大変なのである。

・・・・・なんか、2重、3重に誤っている気がしてなりません。 

 NECは1999年にDRAM事業を分社し、今では連結対象からも外しているので、もう「汎用メモリ」はやってません。不振の原因はシステムLSI事業が上手くいってないからです。それに、分社したDRAM事業は今期最高益を上げて、マスコミでは「日本半導体の復活」のような取り上げられ方をしています。
これって、業界関係者じゃなくても知っているような一般知識なんですけど・・。
また、提案されている「NECの立て直し方」も、要は事業を切り売りして株価が高値になったところでファンドに株を売り抜けさせるというもので、長期的視野に立った観点はどこにも書いていない。

 後に書いてあるPS3とWiiの比較も世間で飽きるほど言われていることだし、PS3の性能がそれほど優れていないといわれると「?」と思う。中核プロセッサの「CELL」は並列処理とネットワーク向けにアーキテクチャを一から作ったプロセッサで、IBMがこれを使ってスパコンを作る計画をしているほどハイスペックなもので、CTECでも散々パフォーマンスを見せ付けるデモをやってました。少なくとも、ゲームマシンとしては、過剰なほどの性能をもっていると思う。同じ日経のサイトで立花隆さんはPS3をスーパーコンピュータそのものと絶賛しておりますが・・。

この人って、ハイテク業界は苦手なんだろうか。
しかし、日立出身だよね。

うーん・・・・・

|

« 今年のまとめ:今年の半導体業界は | トップページ | 【Nike+iPod】NIKE+で踊ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/4643087

この記事へのトラックバック一覧です: 大前研一さんって:

» 考える技術 [あなたに読んでもらいたい本]
大前研一の思考ノウハウを集大成! ビジネスの思考回路を身につけろ! 論理思考からアイデアの作り方 先見性の磨き方まで答えのない時代を生き抜くための知的パワーアップ法 [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 05時05分

« 今年のまとめ:今年の半導体業界は | トップページ | 【Nike+iPod】NIKE+で踊ってみた。 »