« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

府中刑務所文化祭

文化祭の季節ですね。

大学時代は、この日のために生きているような学生もよく見かけました。

 

この時期に文化祭をやるのは、大学だけではないようです。

20061030hutyu

受刑者の方々がバンドや屋台をやってくれるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏キャンパス一般公開

東大の柏キャンパス一般公開を見に行ってきました。

 

柏キャンパスを開放して、柏キャンパスの各研究室の成果を一般人にも分かりやすく説明してくれる企画なのですが、予想以上に面白かったです。

 

子供にも分かりやすいようにロボットやラジコンのような興味を引くものを使ってデモンストレーションを行っているし、スタッフの若手研究員も親切に相手の理解度に合わせて説明してくれます。理科系の研究って専門外の人間にとっては難しくて普段は何が面白いのかさっぱり分からないんですけど、理解できるように説明されるとその面白さがちゃんと分かりました。

 たくさんの展示があって、一つ一つちゃんと説明を聞くと30分は優にかかるので、とても全部は見切れませんでしたが、印象に残った展示をいくつか紹介します。

 

まずは、強磁場の研究の展示。

20061029kasiwa1

デジカメを持ち込むと強磁場のせいで壊れるので、写真は取れませんでしたが、興味深いものがたくさんありました。

一つは、強力な電磁石コイルの中央にある穴にアルミ缶を落とすとどうなるか。アルミは磁性はないのですが、磁束の変化を妨げるように誘導電流が流れるので、ゆっくりと落ちていきます。穴の上に紙をしいて1円玉を立てるとゆっくりと倒れます。

また、水は反磁性という性質をもっているので、それを利用すると磁場の中で水の玉を宙に浮かせることも出来ます。強力な磁場の中では、水が割れるというモーゼ効果という現象も見せてもらいました。そのような物質の磁性を用いて粒子を分離するとか、金属粒子の自己組織化の実験などもやってました。ここは分かりやすくてかつ興味深い展示がたくさんありました。

 

20061029kasiwa2  これは、X線の研究室で、従来の振幅強度を検出するX線スキャンではなく、位相のずれを検出するX線スキャンの研究をしているようです。なんでも、振幅型の方法より、1000倍感度が高いそうで、従来骨しか見えなかったところが、内臓組織まで見えるようになるという、とても有望な技術です。今は実験室レベルですが、筋がよさそうなので、これから楽しみですねー。

 

20061029kasiwa3

これは、脳の微弱な磁気を計測して、脳の活動を調べる装置。デモンストレーションでは、来場者のα波を測定してました。特徴は、3次元的かつ時系列で測定できることだそうで、脳の活動部位がどのように連動して知覚に関与するかが分かるそうです。この装置は液体ヘリウムを使うので、その管理や、微弱な磁気を計測するため、同じ実験を何百回も繰り返さないとまともなデータがとれないなど、研究の苦労も垣間見れました。そーなんですよね。どんな研究も日々の地味な苦労の積み重ねなんですよね・・。

 

20061029kasiwa4 これは、脳型情報処理をするVLSIの研究です。一応、LSIの仕事をしているのと、脳型情報処理技術にちょっと関心があるのとで、興味深く見ました。主に画像認識に関して、脳型の認識をハードウェアとソフトウェアの両面から研究しているようです。試作したチップも展示してありました。

 

この動画は、声で動く飛行船のデモンストレーションです。「前」とか「戻れ」とか「ストップ」とかいう声で飛行船に指示が出来ます。

これは「ストップ」の指示がうまく伝わってませんね・・。

 

この動画は、手持ちプロジェクタで地面に写した道で亀ロボットを誘導してゴールまで運ぶ遊びです。プロジェクタに位置検出センサがついていて、サーバを介して無線でロボットに指示を出しているそうです。

 

この動画は、クレーターを作る実験です。小指の先くらい大きさの弾丸を時速700kmで地面に飛ばしてクレーターを作ります。弾丸の何十倍もの直径になることを実感できました。

 

20061029kashiwa4

これは、ノーベル賞をとった小柴教授の研究施設であるスーパーカミオカンデの模式図です。鉱山の一番奥に巨大水槽を設置して毎日観察しているのです。ここは岐阜の神岡鉱山にあるのですが、かなり辺鄙な山奥で、近くにある唯一の無人駅も近く廃止されるそうです。研究者は住民票も移してこの近辺に住んでいるそうです。特に独身の研究者はここの元鉱夫専用の寮に泊まって毎日トロッコで鉱山の奥深くまで通っているそうです。昔は、一週間交代で実験装置の番をしていたそうで、トロッコも8時間に一回しか通らなかったそうです。研究者はトロッコの免許も鉱山の下まで降りるリフトの免許も取って研究しているそうです。説明してくださった秘書の方は、「こんなところだから嫁がこないのよー」と嘆いていました。そんな2重3重に過酷な状況を研究への情熱でみんな切り抜けているそうです。研究者ってすごいですね。

 

他にもたくさん面白い研究があったのですが、とても紹介し切れません。でも、普段関係ない分野の研究を見るのって本当に面白いですね。自分の日常の後ろにこんな世界が広がっているというのを知る楽しみというか。

それと、自分の好きな研究を説明しているときの研究者のきらきらした目がとても印象的でした。最後のカミオカンデを説明してくれたベテランぽい秘書さんも「ニュートリノってとーーーーーっても面白いのよ」と熱く熱く語ってくれました。

 

こういうのを見ると、最近はやりの利益追求型の産学連携もいいけど、この研究者たちの「応用先はよくわからないけど、とにかく面白くてやってるんだ」っていう情熱もいいなと見直しました。

企業にいると、こんなばかばかしいほど壮大な研究には縁がないので・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月28日 (土)

オールニートニッポン

わし、受験生のころ、よくラジオのオールナイトニッポンを聞いてました。
大槻ケンジとか、ビートたけしとか、面白かったっすよ。
ほんで、土曜日になるとユーミンね。
それ聞いて、なぜか「都会っていいなあ・・」と都会への妄想を抱いたもんです。

さて、そして夜更かしニートのあふれる今、ニート向けネットラジオ「オールニートニッポン」が今日開始だそうです!
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200610260111.html
しゃれではないです。朝日の記事ですよ!

公式サイト
http://www.kotolier.org/ann/index.html

[参加費] 2,500円(1ドリンク付)
 (会場でニート・ひきこもり申告をすると300円割引)

申告で300円割引。。

興味がありましたが、今日はもう放送終わってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

youtubeを使ってみた。

youtubeは、今まで観賞用にしか使ってなかったのですが、動画をアップしてみようと思いました。

インドに行ったとき、いろんな場所でブレイキングを踊ってきたので、その動画をアップしてみようと思います。

まずは、オールドデリーの道端で突然踊ったときのもの。

周りにわらわらと人が集まってきて、しばらく後ろからついてきたのを覚えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

やりたいこと。

三鷹光器という知る人ぞ知る会社の会長の中村氏のインタビュー記事を読んだ。

http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/tm/054/

この人は、中学卒ながら、大企業にも負けない技術力と製品で三鷹光器を世界的に有名にした人です。根っからの技術者という感じで、本田宗一郎とちょっと似てるかもしれない。

この人のものづくりへの哲学はすばらしい。技術者として尊敬してます。

自分は、電機メーカーに入って、半導体技術者として今まで仕事してきた。デバイス開発から回路設計まで経験し、特許もとった。冴えない日本の半導体業界に居て、どんな風にすれば冴えるようになるのか、経営とかビジネスに興味も持ち、リーダーシップ教育プログラムにも参加している。

どうすれば、もっと半導体業界が活性化するのか、どうすれば、もっと自分が有利に人生を歩めるのか・・・なんて考えたりもした。

でも、この記事を読んで、もっと単純に考えていいんじゃないかと思った。

自分がやりたいことをやればいいだけじゃん。

自分が一番やりたいこと、それはお金儲けでも、ビジネスでも、経営でもなく、

『ものづくりをしたい』

ということ。

それも、

みんなが面白がってくれる

みんなの役に立つ

ようなものを作りたい。

これが、今までのキャリア作りの原動力になっていたなと。

だから技術者を職業として選んだし、ハイテク企業に就職したんだなと改めて思った。

実は、半導体そのものにもたいしたこだわりはなかった。

実際、大企業で仕事していると、みんなの役に立つとか、みんなが面白がってくれていると実感する機会は少ないですが・・。

でも、一人の技術者として考えれば、企業の枠とか、仕事の枠とか、あまり気にしないで活動する面があってもいい。

みんなに面白がってもらえるモノを作る、ということを一番に考えていきたい。

それは、いわゆる「ハード」なものづくりだけではなく、ソフトでも、仕組みづくりでも、イベント作りでもなんでもいいから、作る側に回って面白いことを世の中に仕掛けたい、ということ。

もちろん、ビジネスとか、業界とか、お金のこととか、まったく興味がないわけではないので、これからも情報はウォッチしていくけど、自分にとっての優先事項は「つくる」ということだ、ということは心に留めておこう。

ちなみに、三鷹光器の人材採用について会長さんのインタビュー記事が下記。

入社試験は、自分の顔を描くことと模型飛行機の作成。

この会社受けて受かる自信が・・・あまりない・・(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

英語ブログ始めました。

 最近、海外の人は、日本のカルチャーにとても興味を持っているらしい。日本のアニメやゲームがアメリカで大ヒットしたり、日本のファッションや歌がアジアで流行したりしてますよね。

 でも、日本からの英語での情報発信が圧倒的に少なく、英語圏の人は日本からの情報に飢えているらしい、ということを聞きました。要は、アキバblogを英語にすれば、かなりの反響を期待できるというか。そこまで凝らなくても、今時の日本の若者が何を考えているか、何が流行しているのか、知りたがっている人は多いらしい、ということを聞きました。

 そこで、早速英語の勉強もかねて、英語のブログを立ち上げてみることにしました。

chib-log from Japan

基本的には、自分が考えていることや、自分が面白いと思ったことを英語で紹介しているだけですが、海外の人にも分かる様に発信することに意味があるかなーと。

まあ、正直英語でモノを書くのはとてもしんどいわけで、いつまで続くか分かりませんが、肩の力を抜いてやってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月19日 (木)

隣にある死を綴るブログ

久しぶりに強烈なインパクトのブログを見つけました。

『★現実ブログ!!「現実にある出来事の紹介」』

これは、遺品整理業者の人が仕事について綴っているブログなんですが、一人暮らしで死んだ人の遺品整理となると、孤独死の場合も多く、すなわち、その死体現場に踏み込む毎日を綴っています。

これが強烈なのです。夏場だと数日で腐乱死体になり、床には粘液のシミ、布団は蛆虫だらけ、部屋は蝿と死臭で充満という悲惨な状態になります。遺族も踏み込めないような部屋で仕事をするわけですな・・。
また、ストーカーが付回した相手の部屋に忍び込んで自殺したなんていう強烈なものもあったみたいです。

部屋自体も常識を超えたものが多いです。ごみ屋敷もあります。アパートの部屋をウサギ小屋にして、床から50センチくらい土砂とごみを積み上げて踏み固め、その上で生活していたという意味の分からない人もいます。

あと、68歳のニートの死亡現場とか・・。

これ全部現実ですからね。人間ってほんとに自分の常識では測れないですね。

それに、一つ一つのエピソードが強烈かつ、考えさせられます。コメントも重いものもあり、やっぱり人間の人生って死ぬときに凝縮されるんだなあと感じました。それに、孤独死って他人事じゃなく、自分の隣の部屋にあるかもしれないし、うちの親がなるかもしれない、自分だって・・という本当に身近なものなんだなと感じます。

管理人さんのキャラが明るくて前向きなので、陰鬱な雰囲気はなく、コメントもいいものが多くて、久しぶりに感動を覚えるブログでした。

ガンジス川の死体焼き場を眺めている気分ですかね・・

まじお薦めなので、一度のぞいてみてください。
ブログをまとめた本も出てるみたいです。

遺品整理屋は見た! 遺品整理屋は見た!

著者:吉田 太一
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

you tubeの広告ビジネス

世界に冠たるgoogle様が、you tubeを買収したことが世界中で話題になってますね。

いろんな人がいろんなことを言ってますが、大きな関心の一つは、ビジネスをどうするの、ということですね。

例えば、下の記事

「グーグル的な人々」、大増殖の脅威

では、

これまでテキスト(文字)中心でやってきたグーグルが動画情報を取り込もうとしているわけだが、グーグルが提供する「検索」あるいは「情報の整理」という価値は、動画の世界ではどれほどのものなのかは全くの未知数である。 (中略)そもそも、人々の動画へのニーズはエンターテイメント性やひまつぶしといった要素が強く、「整理」や「有用性」の価値がテキスト情報とは違う。ひまつぶしや娯楽のためにユーチューブを利用しているユーザーの「意図」はどれほどの意味があるのか。「検索」「情報の整理」というグーグルの基本理念がこの分野でどのような効果を生み、広告主を引きつけるのかが今回の買収が成功するかどうかのカギになる。

などということをおっしゃっております。

でも、自分の意見としては、

動画の検索、広告ニーズのほうがよっぽど強いすよ。

たとえば、最近始めたパチカなるおもちゃがあるわけですが、やり方がよくわからないので、とにかく上手い人のプレイを見たいわけですよ。そのとき、おもむろにyou tubeでパチカを検索すると、たちどころに達人が出てきます。そんでその動画を堪能して憧れを強めます。でも、達人の技は早くて複雑でよく分からない。そこで、技を解説した本が欲しくなります。あるいは、それを見てパチカそのものを購入したくなったりするわけです。そのときに広告があれば、かなりニーズをついたものになるはずです。これはダンス、料理、音楽、あらゆる習い事、あらゆるカルチャーでいえると思います。

そもそも、テキスト検索での広告モデルがgoogleの成功要因といわれますが、googleアドセンスなんかは、それほど広告効果がないのでは、という話も聞きます。テキスト検索による広告モデルより、もしかすると動画検索の広告モデルのほうが、よほど消費者の需要を強く突くようなものが出来る可能性があると思います。

それこそ、google技術者の腕の見せ所で、googleのドル箱になるんじゃないでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月15日 (日)

electric patica

最近、ちょっとハマっているのが、パチカです。

元々アフリカの民族楽器で、木の実二つが紐で繋がった形をしています。これはアサトとかケスケスといって、それを改良したのがパチカのようです。(日本パチカ連盟)

上手くなれば、結構いい演奏ができるようになります。例えばコンナ感じ。

そんな中、お手本ムービーを探していると面白いことをやっている人がいました。

パチカの中に、FMトランスミッタを入れて、ラジオで検波して音を出すということです。

そうすると、一個だとスピーカで単に音が出るだけですが、二つで演奏すると電波が干渉してなんだかテルミンのような不思議な音になります。

元の音がよくわかんないくらいの不思議な仕上がりです!

世の中いろんなことをする人がいますねえ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

朝霧JAM

この時期恒例の野外フェスの朝霧JAMに行ってきました。
金曜日の深夜まで暴風雨で大丈夫かいな?と心配でしたが、土曜日は見事に晴れました。すんばらしい。
新宿にAM7:40集合。
そのままシャトルバスで朝霧高原に直行です。
前の日準備やなんやで寝たの2時過ぎてたので、バスの中では夢うつつでした。
朝霧についたのは11:00前くらい。
先に着いていた仲間がテントを張っててくれました。
朝霧も綺麗に晴れてて、赤富士が綺麗!

061007_1349
そしてライブ始まる前から我々のチームは酒盛りスタート
ライブ一発目はクラムボン。和み系。
そしてちょっとその辺うろうろしたあとは、お目当ての元ちとせ。声がすんぱらしい。
十分堪能した後は、第2ステージでテクノのRYUKYUDISKO。
ポイやってる人もたくさんいた。今年はポイショップもあって、ロハスな感じのおねえさんとちょいわるおじさんが店員やってた。思わず2個もポイを買ってしまった。
ついでにニューアイテムのパチカもゲット。
パチカは最近流行のパチパチ玉を当てて音を鳴らす遊び道具です。

かつら屋の前で、パンク犬を見つけた。

061007_1542

日が翳ってくると、途端にさむっ!!!!
去年は結構暑かったので舐めてましたが、ここは富士山のふもとの高原ということを改めて思い出させてくれました。
かなり凍え死にそうだったので、ポンチョをゲット。
仲間の一人は、愚かにもTシャツ短パン姿で来てしまったので、寝袋の中に閉じこもってました。あほや・・・。


次の日は、6時起きでご来光を見て朝ヨガ。

061008_06382
この日もめっちゃ天気がよくて気持ちよかった。
その後、朝9時から恒例のラジオ体操。
ドレッドとかタトゥーのいかついお兄さんもみんないっせいにラジオ体操第一をやります。
061008_0901

そして早速朝からビール。
しょっぱなは地元の和太鼓でした。これも結構迫力があっていける。
その後はフランス人のヒップホップユニット。HOCUS POCUSっていう、全然知らない人たちだったけど、パフォーマンスのレベルは高くて結構盛り上がった。次の人たちもDachamboっていうこれまた知らないロック系のバンドだったけど、これもレベルが高くて面白かった。朝霧は知らないバンドが多いけど、みな水準は高い。
ほんで、キャンドル作りとかだらだらやって、時を過ごす。
てか、朝霧は昼寝率が高い。はるばる朝霧高原まで来て、ライブをBGMに原っぱで一日昼寝。ある意味最高の贅沢。

トリはV∞REDOMS。観客をめっちゃ集めたところで、セッティングで30分押し。このままセッティングで終わるんじゃないのー?と心配になったところで、演奏開始。ドラム3つとドレッドにいちゃんの演奏は、打ち込み系の音をそのままライブでやったようなちょっぱやのリズムで大迫力。すげー。

061008_1827 
特にドレッド兄ちゃんのイカレぐあいがすごい。演奏途中からギターを組み合わせたトーテムポールみたいなオリジナル楽器によじ登ったり体当たりしていてかなりヤバかったww。

8時近くに終了し、車で送ってもらって、1時に帰宅。
かなり疲れたけど面白かったー。
朝霧JAMは快晴だと最高です。多分、雨降ったら地獄です。
でも、グッズを強化して来年も行きたいなー。

Super Are Music Super Are

アーティスト:BOREDOMS
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:1998/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月 6日 (金)

亀田商売

ボクシングの亀田選手っていますよね。
今すごい人気の。
自分はあのヤンキー丸出しのテイストが好きじゃないので、試合も見なければ、ワイドショーも見ませんが、世界戦以降、「虚構のチャンピオン」とか、「テレビのピエロ」とか、いろいろ言われているみたいですね。
まあ、テレビの演出があることは当然でしょうが、どの程度までが「演出」なのか、そのあたりの仕組みを分かりやすく説明してくれているブログを偶然見つけました。

「テレビのピエロ・亀田興毅~TBSが仕掛けたワイドショー化戦略と便乗するプロモートビジネス」

ボクシング人気が低迷しているなか、偶然見つけたおいしいネタ「亀田家族」をTBSのプロデューサーがおいしく料理し、さらにプロモート会社と共栄ジムがバックアップしてお金儲けしている構図がよくわかります。
もちろん、亀田家にも巨額のお金が入ってきているので、彼らは下克上のイメージをかもしてますが、すでにお金持ちです。
でも、この程度の演出なら、ショービズだったら普通のことじゃないですかね。対戦相手選びは考慮したとしても、試合そのものを八百長をしたとまではいえないわけだし。
それに、亀田は少なくともボクシングには真剣に取り組んでいるんだろうなと思います。あの体つきもかなり練習しないとできないでしょう。

その辺は巷で言われているほどの批判にはあたらない気がします。

やっぱ、亀田さんの一番の問題は、「口ほどのものじゃない」という点に集約されるんじゃないでしょうか。
あのビックマウスは、どんな無茶な相手でも平気な顔で打ち倒せるくらいのクラスじゃないと納得しないですよね。
でかい態度のヤンキーが3人+チンピラ一人もいると、さすがに見るのがつらいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »