« 悩む年頃 | トップページ | 亀田商売 »

2006年9月28日 (木)

REITIの研究員が語る日本の半導体業界

REITI(経済産業研究所)のファカルティフェローの中馬さんの、「日本の半導体メーカーの競争力低下要因と今後の対策とは」と題するインタビュー記事を見つけました。

http://www.rieti.go.jp/jp/special/af/024.html

彼も、以前紹介した一橋の新藤レポートと同じく、半導体業界の低迷は経営と組織の問題であるといっております。

曰く、今の半導体メーカーは、マーケットと技術の複雑さの増大についていけていない。

グローバル化や豊かさによってマーケットが再分化、専門化して複雑になっているのに半導体メーカーは時代を読む力が足りない。さらに、製品を具現化するためのテクノロジーも微細化に伴って飛躍的に専門化、細分化し、さらにそれらを統合的な視点から判断しなくてはならないが、これらを的確に処理できない。

すべての情報を網羅して経営できる人間は存在しないので、個々の知識をネットワーク化し、その上に更に抽象度の高い統合的な知識を構築できるようなシステムが必要である。

また、一社だけですべてまかなうのが難しくなってくるので、必要に応じて他社とのアライアンスも組むべきで、その場合は流出してはならないノウハウ・知識をブラックボックス化してモジュール的に活用できるような仕組みが必要である。

大まかにいうと、こんなことをおっしゃっています。今はやりの「オープンイノベーション」に基づいた考え方で、興味深い指摘だと思います。

ただ、現場にいるものに言わせると、半導体メーカーの不振の大きな原因はこんな高尚なことより前に、経営者がリスクの取れないサラリーマンだから、というほうが大きいと思います。経営をドラスティックに変えなくてはならないのは分かってても、それに伴う一時的な売り上げ減のリスクは先送りしたい・・そんな心理の方が、大きな問題だと思います。

|

« 悩む年頃 | トップページ | 亀田商売 »

コメント

はじめまして、同業者です。URLにあるDuke大学MBAに会社派遣で留学しています。
「経営者がリスクの取れないサラリーマン」というのは同感です。バクチ打ちとか勝負師とか言われる種類の人材が経営層に必要だと思います。
一方で、現場が経営者を変えることはできません。リスクの取れない経営者の存在を受け入れた上で、現場の下っ端にすぎない自分は何ができるのか、悩む日々です。また、自分はリスクをきちんと取っているのかも考えてしまいます。
Nissan LPIEの記事など、他の記事も楽しませていただいています。
今後ともよろしく。

投稿: Mustang | 2006年10月 1日 (日) 04時14分

はじめまして。私も同業者です。「経営者がリスクの取れないサラリーマン」になってしまったのは何故でしょうか?私としては、その理由は、特に体質の古い日本の半導体メーカの経営者は"転職経験の無い"人ばかりだからだと思います。自分の人生の中で、自分の意思で決断して何か新しい方向に進みだした、という経験が無い人が会社の経営で真のリスクを取れるはずがないと思います。

投稿: hogehoge | 2006年10月 1日 (日) 08時31分

>mustangさん
コメントありがとうございます。
DUKE大学のMBAですかー。いいですね。
僕の先輩みたいに、元の会社に戻りたくなくなるかもしれませんよ(笑
日本の場合は未だに経営幹部の職がサラリーマン生活の上がりのようになってしまっている場合が多いですよね。半導体業界の場合はその弊害が顕著に出ていると思います。もう、後は無難に過ごしたいおじいさんばっかりという・・。
経営がバクチになってしまうのはちょっと考え物ですが、大きな変革が必要なときは、長期的な展望にたってリスクを取れる経営者が欲しいです。なかなか難しいですけどね・・。
mustangさんは社費派遣でMBAというところで、すでにリスクはとっていると思いますよ。頑張ってください。

>hogehogeさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
一昔前は、半導体といえばDRAMで、戦略的なことはなにも考えなくても技術さえ磨けばお金を稼げましたからね。
その時代の実績で偉くなった人が経営戦略が苦手というのはある意味当然の帰結かもしれないですね。
でも、中にいる我々はそれでは困るわけで・・。
我々の世代は、その分技術とともに戦略的なことも身に付けなくては生き残っていけないということでしょう。

投稿: ちぶぞう | 2006年10月 1日 (日) 18時55分

本物のバクチ打ちというのは、あらゆる情報を活用し、確率計算などを駆使してリスクを最小にした上で、勝負するべきところは勝負するという人種です。
バクチ打ちは年中バクチをやるわけですが、そうするとトータルの結果が大数の法則で期待値に近づいてしまいます。よって、そういう人は期待値を上げる地道な努力をしなくてはいけません。
この意味で、経営もバクチではないかと思っています。

> 僕の先輩みたいに、元の会社に戻りたくなくなるかもしれませんよ(笑

その先輩のお話、面白そうですね……。もう少し伺ってみたいところです。

投稿: Mustang | 2006年10月 2日 (月) 14時26分

>mustangさん
>本物のバクチ打ちというのは、あらゆる情報を活用し、確率計算などを駆使してリスクを最小にした上で、勝負するべきところは勝負するという人種です。

いわゆる任侠系のイメージより、株の相場師みたいな感じですかね。バクチの期待値はシステムで決まっているし、だいたい胴元がテラ銭とっちゃうので、期待値は元本より下になりますけどね・・・。

自分の先輩はこの前の記事で書いた方で、MBAではなく技術留学です。帰国してみて古巣の閉塞性に愕然としたらしいです(笑

投稿: ちぶぞう | 2006年10月 2日 (月) 22時09分

何度もお邪魔します。バクチでも「ブラックジャック カウンティング」などで検索すると分かりますが、研究することで勝率を上げられるものがあります。
バクチ打ちというよりは、勝負師と呼んだ方がいいですかね……。

投稿: Mustang | 2006年10月 3日 (火) 04時37分

>Mustangさん
なるほど、頭脳戦の要素が強いゲームですね。
半導体は投資額が巨額になりがちなので、経営者はリスクとリターンに敏感にならなければなりませんね。この辺は、ファイナンスで使う程度の確率の素養は必要そうですね。

しかし、今日は久しぶりに経営陣に萎えましたよ。萎え萎え・・。

投稿: ちぶぞう | 2006年10月 5日 (木) 01時28分

こんばんは。某SNSコミュから来ましたw
経営者のリスクテイクもさることながら、この頃は、半導体=アプリケーションに進化しちゃったと=集積しすぎちゃって ビジネスモデルが飽和しつつあるのではないか?というのがワタシの実感です。

・儲かるのはモジュールメーカーと半導体の 材料を含める川上の業界

・セットメーカーはブランド/バッジ/暖簾 だけで開発リスクテイクをしない

これで利益を出さなければならないので。。

投稿: しいちょ | 2006年11月30日 (木) 23時11分

>しいちょさん
コメントありがとうございます。
システムをワンチップに集積したロジックLSIのビジネスというのは昔とは違うでしょうね。
ASICは、よっぽど数が出るアプリじゃないと、少量多品種生産になってペイしなくなってしまう。一方で、300mmウエハの導入が進んだことでウエハあたりの収量が増えて、工場の稼働率を満たすような単品種製品を見つけるのはかなり難しい。
この辺のバランス点をうまく見つけられないから日本のロジックメーカーは利益があげられないんだろうなと。
メモリビジネスは、投資競争でチキンレースみたいになってきてますね。

どちらにしても、永続的に成長するようなビジネスモデルを見つけるのはかなり難しいですねー。
もうちょっと、発想を変えたビジネスにしないと駄目かもしれないですね。

投稿: ちぶぞう | 2006年12月 3日 (日) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/3617340

この記事へのトラックバック一覧です: REITIの研究員が語る日本の半導体業界:

« 悩む年頃 | トップページ | 亀田商売 »