« 日の丸半導体ファウンダリ計画挫折 | トップページ | カメラを放り投げて写真を撮る。 »

2006年6月 9日 (金)

ボトムズを作った人とはてなを作った人のインタビューで思ったこと。

ネット上で話題になった、鉄で1/1ボトムズを自作した「なんでもつくるよ」の倉田光吾郎さんのインタビューがwebにありました。
ボトムズを作ってしまった男、語る(NBonlineプレミア)

この人は鍛冶屋さん(?)が本職です。言うことが骨っぽくて昔からいいなーと思ってたけど、このインタビュー読んでみると、ものづくりの心意気が感じられてとてもかっこいい。
下記は一部抜粋

倉田 だからすごいお金があったら、多分どうしていいか分からなくなる。

――それはものを作っている人じゃないと分からない感覚だな、考えたこともなかったわ。

倉田 あとお金が手に入ると、人よりか苦労して金を使わなきゃいけないような気がするし、一番面白いお金の使い方をしないと何かいけないような気がするんですよ。

――それでこれ買ったんですか、この馬鹿でかいスクリーンと映画館そのものの椅子。

倉田 でもこれ、スクリーンが8000円ぐらいですよ。自作したんで。

――映画館の椅子は?

倉田 あれももらい物だしね。

――難しい人だな。自作できるからお金使えないじゃないですか。

倉田 映画館の椅子をもらったから、じゃあ、と、プロジェクターを買って、スクリーンも作ったんですよ。

――逆ですよ、普通。

倉田 でも物が欲しいって、何かをやりたいから物が欲しいというのがやっぱり最初にあって、欲しい物を自分で作れるならそのほうが。

すごくかっこよくないですか?
ホリエモンの対極ですよね。お金なんかちょっとでいい、ほしいものは自分で作っちゃう、という。

家でも車でもなんでも作れちゃうスキルがしっかり土台にあって、基本は自分の欲しいものを自分で作る、他の人が希望すれば対価としてお金を得る、という原点に近いライフスタイルというか。それで哲学がぶれないんですよね。

このボトムズの展覧会は実際に観にいきましたけど、写真なんかよりめちゃくちゃ迫力があってかっこよかったです。
まじ、このスキルは憧れる。自分が子供だったら、鍛冶屋志望してたかも。

もう一つ、同じシリーズで、はてなの近藤社長のインタビューもありました。

はてなの社長が考える"仕事"の意味 
ここでも、とても共感した部分があって、それは以下の部分

あとは、新しいアイデアを出す時には、聞く側は単純な批判ではなくて、対案を出そう、という原則があります。なぜかというと、批判って簡単なんですよ。(中略)
あそこはもっとこういう方が良かったんじゃないかとか、あそこはこういうふうにしたら、ということは言うんだけど、ここがこういうふうに良かったと言える人は少ない。

 いいところを見つけて、言葉にすることは、鍛えないとできない。そういう能力は磨いていきたいなと思いますね。

そういわれてみれば、会社にいると違う部署とか、他の人を批判するのは多いけど、いいところを的確に見つけて指摘する、というのは意外と少ないかも。
なんか、はっと気づかされた記事でした。

倉田さんにしても、近藤さんにしても、地に足がついたとてもいいことをおっしゃるのは、実際にものづくりの現場にいるからかなーと思いました。 自分で実際にモノを生み出しているからこそ、評論家の空虚な言葉ではなくて、実質のある言葉が出てくるのかなあと。

株も金融も、ものづくりが土台にあってこそなりたつ仕組みですからね。人間の経済活動の原点はやっぱりものづくりですよね。

ちょっと自分の職業に自信が持てた記事でした。

|

« 日の丸半導体ファウンダリ計画挫折 | トップページ | カメラを放り投げて写真を撮る。 »

コメント

後者は加点法で評価するか、減点法で評価するか?っていうことですよね。

ダンスの評価の仕方も同様に減点法の人が多いと思いますけど、正解なんて無い芸術の分野こそ加点法で評価すべきですよね。

投稿: カレー | 2006年6月14日 (水) 00時44分

>カレー君
人間、批判するのは簡単だからねー。
特に自分の得意分野だと、イロイロ言いたくなるんだよね。

人のいいところを見つけてほめるってのは、地味だけど、すごい能力なのかもしれないね。

投稿: ちぶぞう | 2006年6月14日 (水) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75660/2147020

この記事へのトラックバック一覧です: ボトムズを作った人とはてなを作った人のインタビューで思ったこと。:

« 日の丸半導体ファウンダリ計画挫折 | トップページ | カメラを放り投げて写真を撮る。 »