« クレイジーエンジニア主義 | トップページ | セヴィアン・グローバー in クラシカル・セヴィアン »

2006年4月18日 (火)

インド初のDRAM設計開発企業

「インド初のDRAM設計開発企業,エルピーダがFTDと共同で設立」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060413/116102/?ST=observer&ref=rss

ついに、日系半導体メーカーもインド進出しだしたか、という感想です。

IT産業が盛り上がっているインドなら、半導体設計とも相性がよさそうなので、人件費の安さから言って、これからもどんどん進出する方向でしょうね。

製造は中国、台湾、設計はインドと次々アウトソーシングされたら、国内の半導体技術者はますます厳しくなりますなあ、ガクガクブルブル。

ただ、IT技術者というと、現地では医者、弁護士と並ぶくらいあがめられている職種ですが、セミコンダクタエンジニアというと、まだ「ハァ・・・」といった程度の認知度です・・・。

このFTDの川西剛さんという人は、元東芝の副社長で、半導体といえばいろんなところに顔を出す人です。もう相当なじいちゃんだろうに、こんなシンガポールベンチャーの経営陣に入ってるんですね。

がんばってますなあ。

|

« クレイジーエンジニア主義 | トップページ | セヴィアン・グローバー in クラシカル・セヴィアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレイジーエンジニア主義 | トップページ | セヴィアン・グローバー in クラシカル・セヴィアン »